top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉川晃司、『下町ロケット』から『舞いあがれ!』へ 鬼教官の秘めた人生哲学に注目

Real Sound

『舞いあがれ!』写真提供=NHK

 『舞いあがれ!』(NHK総合)第40話の最後に登場した、航空学校・帯広校の教官・大河内守。“サンダー大河内”と呼ばれ、学生から恐れられる鬼教官を演じるのは、ミュージシャンで俳優の吉川晃司だ。

 参考:【写真】舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)を指導する大河内(吉川晃司)

 朝ドラ初出演の吉川は、「威圧感があるため“朝の顔”としては不向きだと思っていた」と語るが、パイロットを目指す学生たちの前に立ちはだかる、妖怪の“ぬりかべ”のような存在を担ってほしいと依頼され、出演オファーを受けたという(※)。航空自衛隊の戦闘機パイロット出身の教官として、舞(福原遥)たちを指導することになる大河内。容赦なく学生を退学させると言われているが、吉川は「大河内なりの哲学に注目してほしい」と語っている。

 吉川は、1984年に映画『すかんぴんウォーク』と、その主題歌「モニカ」でデビュー。ミュージシャンと俳優業を同時にスタートさせた。日本歌謡大賞最優秀新人賞をはじめとする新人賞を総なめにし、俳優としてもブルーリボン賞、日本アカデミー賞、ゴールデンアロー賞などの新人賞を受賞。瞬く間にスターの座に上り詰めた。筆者がよく覚えているのは、中学・高校時代、水球の選手だった吉川が、デビュー当時、歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)でのパフォーマンスの際、水球のプレーを披露したことだ。

 その後も「LA VIE EN ROSE」「You Gotta Chance」などヒット曲を連発し、1988年にはギタリスト・布袋寅泰とのユニット・COMPLEXを結成。ソロアーティストとしての活動も続ける吉川は、どちらかと言うと、俳優よりミュージシャンのイメージの方が強かったが、2000年代以降は『レディ・ジョーカー』『チーム・バチスタの栄光』『るろうに剣心』など数々の映画で演技力を発揮。『必死剣 鳥刺し』では、第34回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

広告の後にも続きます

 俳優としての存在感を増し続ける吉川は、NHK大河ドラマ『天地人』で織田信長役を、『八重の桜』で西郷隆盛役を演じた。また、大河ファンタジー『精霊の守り人』(NHK総合)シリーズにも出演。さらに、TBS日曜劇場『下町ロケット』の財前道生役で大きな注目を浴びた。実際、『舞いあがれ!』第40話の一瞬の登場シーンに、帝国重工の財前部長を思い出した人も多いのではないだろうか。

 今年は、再びTBS日曜劇場『DCU』にも出演した吉川。着陸が下手な舞を厳しく指導するという“サンダー大河内”役だが、パイロットを目指す学生たちに良い影響を与えながら、きっと優しい面も見せてくれると期待したい。

参照

※ https://realsound.jp/movie/2022/09/post-1134207.html

(清水久美子)

TOPICS

ジャンル