top_line

7日目の朝、周囲に響く物音で…/二度連れ戻された「脱走ねこ」の物語(13)

アサ芸プラス

 7日目。目が覚め、着替えだけして、捕獲器を仕掛けている3軒隣りの空き家に行ってみる。塀のドアを開けて庭に入ったのだが、変わった様子はない。今日もダメか。クールボーイは戻ってこない。諦めムード濃厚だ。家に戻って「やっぱりダメだね」と言うと、連れ合いのゆっちゃんも溜め息をついた。

 遅い朝食後、11時になっていた。2階で机に向かっている時だった。ついさっきから遠くで変な物音がしている。なんだろう。それからハッとして勘が働いた。

「あれ、もしかしてクールがかかった音じゃない?」

 ギャギャ、ガシャン、ギャーと凄まじい音が遠くで響いている。

「何?どうかした?」

広告の後にも続きます

 ゆっちゃんはまだ、気が付いていないようだ。

「遠くから凄い音が聞こえてくる。ほら!」

 1階にいるゆっちゃんに向かって叫ぶと同時に、玄関に駆け出していた。

「クーだと思う!」

 サンダルを履き、空き家まで走った。庭の塀の扉を一気に開ける。ウウウーと唸っている。急いで近づき、恐怖心に駆られながら被せていたバスタオルを勢いよくはがした。クールではなく、獰猛な動物かもしれない…。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル