top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

生後2週間〜3か月の赤ちゃんが賢い子に育つポイントとは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

ラブすぽ

生後2週間〜3か月の赤ちゃんが賢い子に育つポイントとは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

ひと目でわかるNAPSメソッド生後2週間〜3か月

賢い子が育つポイント
●90分周期があらわれはじめます
●このころの赤ちゃんは1日15〜16時間寝る必要があります
●NAPSメソッドを使えば、夜と昼のリズムができやすくなります
●夜は1回に90分以上起こしておかないようにします
●まだひとりで眠れないので寝かしつけてあげましょう

このころになると、だいたいどの赤ちゃんにも90分周期の影響が見えはじめます。NAPSメソッドを使って、きちんと十分に寝られるようにしてあげましょう。このころは1日15〜16時間寝る必要があります。まだ昼寝のタイミングは定まっていませんが、NAPSメソッドを使っていると、夜と昼のリズムができてきます

赤ちゃんが謎のぐずり泣きをするのは、疲れている場合が多いものの、神経系の発達やコリック、たそがれ泣きが原因のときもあります。NAPSメソッドを試して様子を見てみましょう。ただし、体調が悪そうな場合は、かかりつけの小児科の先生に相談しましょう。また、このころは、まだ寝かしつけをしてもらう必要があります。赤ちゃんがまぶたを開いたり、泣いていなくても声をあげたりしたら、再び眠りにつけるように手伝ってあげましょう。

多くの赤ちゃんは生後8週目くらいで自然に昼と夜の区別ができるようになります。それまでは夜中に目を覚ましても、90分以上起こしておかないように気をつけましょう。家以外では寝つきが悪かったり、眠りつづけられなかったりする赤ちゃんもいます。その場合、昼寝の時間は家にいられるように親のスケジュールを調整するようにしましょう。

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案した賢い子を育てる新メソッドとは?

子どもを賢く、強く育てたい人にオススメの一冊。本書で提案するのは「NAPSメソッド」という、全米各地での講演と実践を重ねた方法論です。著者は長年研究機関に身を置く、睡眠を専門とする神経科学者「ポリー・ムーア」。
ムーア博士は、脳の眠りのメカニズムをはじめ、脳細胞や睡眠障害の治療法など、脳を熟知した専門家であり、睡眠に対する強い関心とすべての患者の睡眠を改善しようとする熱意はこの上なく、多くの支持を集めています。

広告の後にも続きます

この本のなかでポリー・ムーア博士は、小さな子どもの夜泣きの原因が不十分な睡眠にあることを解き明かし、赤ちゃんの睡眠が認知力や情緒的発達の要であることを説いて、自然によく眠れるようになる「NAPS(昼寝)メソッド」を紹介しています。

NAPSメソッドを使えば、赤ちゃんに自然に眠る準備が整い、認知力や情緒的発達に必要な睡眠を十分にとれるようになります。

過剰な知育はむしろマイナス! 良質な睡眠が学習能力を決定づける!

過剰な知育はむしろ子どもにとってマイナスとなりうることをご存じですか。睡眠が十分でない子どもは、成長するにつれADHDなど重大な問題に見舞われることも。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル