top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

天皇陛下が愛子さまのために再撮影をご提案“3年ぶりスリーショット”取材現場でのハプニング

女性自身

天皇陛下が愛子さまのために再撮影をご提案“3年ぶりスリーショット”取材現場でのハプニング

11月24日午後6時ごろ、天皇皇后両陛下と愛子さまは、東京・上野の東京国立博物館を訪問された。

 

同館で開催中の特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」をご観覧するためで、ご一家そろって、公的な外出をされたのは、およそ3年ぶりのことだという。

 

天皇陛下お一人での行幸と伺っていたのですが、当日夕方に、雅子さまと愛子さまもお出ましになると聞いて驚きました」

広告の後にも続きます

 

そう語るのは、皇室担当記者。だが、さらに報道陣を驚かせる事態が――。

 

両陛下と愛子さまが並んで展示物をご覧になる様子を、横から撮影するという設定だったのだが、いちばん奥にいらした愛子さまが、映りづらい状態になってしまったのだ。

 

「雅子さまは(陛下より)一歩後ろに立たれていたのですが、愛子さまはこうしたシチュエーションに慣れていらっしゃらないからなのか、カメラマンから見ると陛下の奥に隠れてしまわれたのです」(前出・皇室担当記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル