top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

意外と堅実? 推し活女子1,161人に「月にいくら使ってるか」聞いてみた

マイナビウーマン

otalabは10月28日、47都道府県在住の推し活中である女性1,161人を対象に実施した「推し活女子の実態調査」の結果を発表しました。

今回調査を行った「10~60代の推し活をしている女性1,161名」の年齢比率は、10代:3.4%、20代:30.5%、30代:40.7%、40代:18.8%、50代:5.5%、60代:1.1%となりました。

 まず推しのジャンルについて尋ねたところ、最も多い回答は「アイドル」(37.6%)でした。具体的には、KPOPアイドルやジャニーズといった声が多くなっています。

2位は「アニメ・漫画」(20.4%)、3位は「アーティスト」(15.3%)、4位は「俳優」(6.9%)でした。その他の回答では、スポーツ選手、ゲーム、お笑い、キャラクター、宝塚歌劇団、メイドなどもありました。

ジャンル別に、月に使える費用を聞いてみると、「1,000円以上~3,000円未満」が最も多くなりました。月に5,000円以上使っている推し活女子が最も多かったジャンルは「アイドル」(38.2%)、月に1万円以上使っている推し活女子が最も多かったジャンルは「声優」(37.8%)でした。

広告の後にも続きます

ジャンル別に、どのようなことにお金を使っているのか尋ねると、YouTuber以外のジャンルでは「グッズ(CD・DVD・本・雑誌を含む)」に使っていると回答した割合が最も高くなっています。「アニメ・漫画」では61.9%がグッズにお金をかけていると回答しました。YouTuberでは「投げ銭・スパチャ」の回答が38.4%で多くなっています。

なぜ推し活をしているのか尋ねたところ、「推しを応援したいから」「推し活が楽しいから」「ストレス発散になるから」がTOP3でした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル