top_line

約3年ぶりの海外へ! 日本人が知らない最新ドバイをレポート<前編>

マイナビウーマン

■目の前が未来博物館! 最新5つ星ホテルに宿泊

ドバイは2021~2022年に行われた万博に向けてホテルが次々と建設されたので、一段とリーズナブルなホテルからラグジュアリーなホテルまで選び放題になっています! 今回は2021年12月にオープンした5つ星ホテル「25 アワーズ・ホテル・ワン・セントラル(25 Hours Hotel One Central)」に宿泊。ヨーロッパを中心に展開している人気ホテルブランドの一つで、館内デザインはドバイの過去から現在、そして未来を表現しています。ロビーにはドバイのアーティストによる作品が展示され、とってもおしゃれ!

客室は5タイプから選ぶことができ、おすすめは「グランピング ルーム」。木の温もりあふれる部屋にはまさかのハンモックが飾られ、室内にいながら快適にグランピング気分を味わえます。砂漠のあるドバイらしく、キュートなラクダのぬいぐるみも出迎えてくれます!

広告の後にも続きます

部屋の広さは約36平米で、とっても広々。質の高いコーヒーや100%ナチュラルのシャンプー&コンディショナーなどアメニティにもこだわっていて、心地よく過ごすことができます。お水は環境に配慮し、ペットボトルではなく缶で用意されていますよ。

私がこのホテルをおすすめする一番の理由は「未来博物館」が目の前に見えること! 未来博物館とは2022年2月にオープンしたばかりで、チケットが取りにくいほど超人気の博物館です。ホテルからは一部の客室、そして6階のレストラン・プールエリアから見ることが可能。私が以前見た時は建設途中だったので、その完成形を最高の場所から見られたことに感動……!アラビックカリグラフィーが描かれた建物自体がもはや芸術で、見ているだけでパワーを貰えました。

・25 アワーズ・ホテル・ワン・セントラル HP:https://www.25hours-hotels.com/en/hotels/dubai/one-central

■知らない味が楽しい! ドバイの伝統的なエミラティ料理を堪能

ホテルを出発し、観光スタート! 最初に訪れたのはオールド・ドバイにある「アル・ファヒディ歴史地区」。オールド・ドバイは1800年代半ばごろに各国の貿易船が集まり、世界のハブとしてドバイの歴史がはじまった場所です。歴史地区では約100年前に建てられた豪商の立派な屋敷などが今なお残り、建物を活用したカフェや博物館を観光できます。

アル・ファヒディ歴史地区で今一番の注目は「アル・カイマ・ヘリテージ・レストラン(Al Khayma Heritage Restaurant)」。もともとドバイに住む「エミラティ」の伝統的な料理を味わえる、ミシュランのビブグルマンにも選ばれたレストランです。男性は「カンドゥーラ」、女性は「アバヤ」という民族衣装に身を包んだスタッフがアラブ流のおもてなしをしてくれますよ。ちなみにもしドバイで何を食べるか迷ったら、2022年に発表されたミシュランガイド・ドバイを参考にするのもおすすめです。

メニューは日本で見たことのないような料理ばかりで、その新鮮な味にまたテンションアップ! スマックというスパイスが効いた酸味のあるサラダ「ファトゥーシュ(AED 25)」や細長いバスマティライスをスパイスで味付けした「チキンマッチブース(AED 59)」など、全部おいしいんです。多くの料理がカルダモン、クミン、コリアンダーといったスパイスを使っていますが、辛さがマイルドな点がエミラティ料理の特徴。辛い料理が苦手な人もおいしく食べられます!

食事を終えてレストランの外に出ると、大音量で「アザーン」が流れてきました。初めて聞くと謎のアラビア語にびっくりするかと思うのですが、これはイスラム教徒が1日5回お祈りに行くための合図で、私はこれを聞くと「ドバイに来た!」と感じます。

・アル・カイマ・ヘリテージ・レストラン HP:https://www.visitdubai.com/ja/places-to-visit/al-khayma-heritage-restaurant

■AED 1で気軽な船旅。アブラに乗ってスークへ

エミラティ料理のおいしさを堪能した後は、その秘訣となるスパイスを探しにスークへ。アル・ファヒディ歴史地区からはクリーク(入江)の向こう岸へと渡る必要があり、古くから地元民の足として使われている渡し船「アブラ」に乗ります! 乗り合いのアブラは料金がAED 1と、とってもお手頃。ドバイの潮風を感じ、イランやインドからやってくる木製の貿易船「ダウ船」を横目に見ながら、約5分の船旅を楽しみました。

スークとは市場のことで、スパイス・スークやゴールド・スークなどさまざまな市場が集結し、ドバイらしい雑貨や食品などお土産が手に入ります。スークでは値段はあってないようなもの。基本的には強気の値段で言ってくるので、値下げ交渉をするのもスークの醍醐味です。

中でも良心的な価格で値下げに応じてくれるお店が「Zafaran Isfahan Herbs Trading」。私はここでサフラン入りのカレースパイス(AED 10)、ゴマのミックススパイス「ザーター」(AED 10)、チャイティー(AED 20)を購入しました。日本では滅多に見かけないスパイスを買えるのがやっぱり面白い! たくさん買えば買うほどまけてくれるシステムなので、友達と一緒に合わせて購入するのも値下げのポイントですよ。

■ドバイ産のおいしい野菜も食べられる! プランツベースフードを堪能

旅先でヨガレッスンやマッサージを受けるウェルネスが世界的なトレンド。日本で消耗している頭の中をリセットすべく、ジュメイラ・エリアに移動してウェルネス施設「セヴァ(SEVA)」の「サウンドヒーリング(1クラス AED 130)」を体験しました! シンギングボウルの音や振動に身を委ね、心と身体をヒーリングしていきます。ヒーリング中はお腹にシンギングボウルをのせて振動させ、身体の内部にある水分を巡らせバランスを整えるというユニークな体験も。キャンドルの灯りに包まれる空間で、オリエンタルな音色に癒されました。

ディナーは同じ敷地内のレストラン「セヴァ・テーブル」で身体が喜ぶプランツベースフードを堪能。シュガーフリー、グルテンフリー、乳製品不使用にこだわった健康第一の料理が食べられるのですが、驚くのはその味! カシューナッツを使ってチーズのコクを表現したり、オイスターマッシュルームでお肉のような食べ応えを生み出したり工夫がされているので、とてもおいしいのです。

また、できる限りドバイで作られた新鮮な野菜を使っていることも特徴。砂漠なので農業が盛んではなかったのですが、近年はバーティカル・ファーム(垂直農法)など最新技術を駆使して野菜の生産が増えているそう! ここはドバイに住んでいる人たちに大人気なので、特に週末は早めの予約がおすすめです。価格はサイドがAED 31~、メインがAED 66~。

・セヴァ HP:https://www.sevaexperience.com/

ホテルに戻って、未来博物館の夜景にうっとりしつつ2日目が終了。海外旅行についに行けた喜びを感じながら、フカフカのベッドで眠りにつきました。興奮して眠れないかな? と心配していたのですが、やっぱり久々の海外は自分が思っていた以上に緊張して疲れていたようで爆睡。翌朝もスッキリ目覚めて、<中編>に続きます!

※AED 1=38.05円、2022年11月18日時点

(撮影・取材・文:小浜みゆ)

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル