top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

68年ぶりのベスト8に向け機は熟した 闘将ジャカ擁するスイス代表がカメルーン代表と初対戦

ABEMA TIMES

Getty Images

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループG】スイス vs カメルーン(日本時間11月24日/アル・ジャヌーブ・スタジアム)

 欧州予選では、強豪イタリアを蹴落として1位通過、EUROでもベスト8と近年躍進をみせるスイス。かたや、アフリカ予選最後の枠を勝ち取り、2大会ぶり8度目の出場のW杯出場を果たした”不屈のライオン”カメルーン。近年のW杯ではおなじみの両国だが意外や今回が初対戦となる。

【映像】68年ぶりのベスト8なるか…闘将ジャカ擁するスイス代表が初陣

 スイス代表の”心臓部”と言えば、アーセナル所属の闘将グラニト・ジャカ、デニス・ザカリアのダブルボランチ。ムラト・ヤキン監督就任以降は、4-2-3-1のフォーメーションを採用し、実力派ダブルボランチが攻守に活躍している。また、トップ下には、重心が低く小回りの利いたドリブルが持ち味のジェルダン・シャキリ、ワントップにモナコで南野拓実と同僚のブレール・エンボロなど、多彩な攻撃陣が顔を揃える。守りのキーマンで絶対的守護神のゾマーのコンディションが整えば、目標であるベスト8も夢ではない。

広告の後にも続きます

 対してカメルーンは、W杯予選では苦しんだものの、リヴァプールなどビッグクラブで活躍したレジェンド リゴベール・ソング監督が、今年3月に就任。ソング監督就任以降は、4-4-2のシステムを採用し、チーム全体でアグレッシブなサッカーを展開、結束が固まりつつある。注目選手は若き守護神 GKアンドレ・オナナ。13歳でバルセロナのカンテラに入団し、今夏から移籍した名門インテルでも早々にレギュラーに定着。キック精度の高さに加え、足元の技術に長けており、11人目のフィールドプレーヤーとして積極的にビルドアップにも参加する。両チームのスターティングメンバーは以下のとおり。

(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

【スイス】4-2-3-1

・GK

ヤン・ゾマー(ボルシアMG/ドイツ)

・DF

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル