top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長嶋一茂「モーニングショー」に緊急出演でW杯迷解説、代表選手にも注文つけた

アサ芸Biz

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が11月24日、情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。11月23日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組初戦で、日本がドイツに2対1で歴史的勝利をあげた試合について、サッカー解説者顔負けのコメントを寄せた。

 一茂は金曜コメンテーターを務めているが、この日はスクランブル出演。サッカー解説者の元サッカー日本代表の福田正博氏もスタジオ出演した。

 福田氏などサッカーの専門家はほとんどが苦戦を予想。しかし、一茂は「専門家の人、何人かに聞けば聞くほど『難しい』って、みんな言うんですよ。そうすると難しいと思っちゃう。これはよくないね。専門家の方が悪いと言っているのではなくて、我々素人は絶対勝つと思っていたほうがいい」といきなりチクリ。

 勝因については「最終的にドイツが根負けした。僕は素人ながらに見えた。つまり、ドイツが最終的に焦った」と解説者並みの分析。

広告の後にも続きます

 ボール支配率はドイツが65%で日本は22%。これについては「僕も素人ながらに押されている感じは相当していた」と感想を述べるも、「俺は前半終わって眠たくなった」と思わず本音も。

 強豪アルゼンチンに勝ったサウジアラビアの国王が試合翌日を祝日にすると発表したことに関連し、「サウジが歴史的勝利を挙げた次の日、休みなわけですよ、サウジは。だから日本も今日、本当は休みでいい」と祝日を要求。キャスターを務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一が「今日、祝日になったとしても、一茂さんは来てもらわないと困る」と返すも、「みんな休みでいい」と突っぱねた。

 とはいえ、日本の勝利には驚きを隠せず、「サッカー人口は一番多いわけですから、世界で。日本もここまで来たのかと、ほとんどの人が思っているわけですよね」と称賛しながら、「昨日勝っただけで」と一言多かった。

 試合後、ドイツの監督が日本を称えたことについては、「日本の選手も見習ってほしい。勝ってうれしいという気持ちはわかるが、ドイツも素晴らしかったという言葉はあってもよかった」と注文をつけたのだった。

「相変わらず言いたい放題で、『専門家気取りでうるさい』『一茂は、一生祝日でいい』といった批判もあがっていました。正直なところ、コメントを聞いた限りでは緊急出演させる意味があったとは思えませんでしたが、発言はたしかにおもしろく、一部スポーツ紙Web版では『今日、休みでよかった』発言が早くも取り上げられていました。辛口で数字を稼げる同局・玉川徹氏の出演が激減した今、一茂のスクランブル出演で視聴率アップを図った狙いもあったはずです。その証拠に、今日のサッカー特集は番組開始の8時から9時36分まで1時間36分も放送しました。歴史的勝利と一茂効果で視聴率を狙ったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 サッカーの試合時間より長い放送時間で、お疲れ様の一茂だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル