top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スキャンでリアルなアバター体験も!VRなどで可能となったメタバースで生まれる新たな自由と可能性を株式会社博報堂が「生活者インターフェース市場フォーラム 2022」で解説

マガジンサミット

・Spatial WEB

PCやスマフォの画面で見ていた画像を空間に拡張する技術。リアル空間にいろんな情報をバーチャルで表示できるようになり、現実空間の拡張が生み出すコミュニケーションの可能性が広がる。

現在のアバター技術にも驚きだが、今後もこれら3つの領域に力を入れていくことで、ますますの発展が見られるだろう。

小学館で取り組んでいるS-PACEとは

第2章以降ではそれぞれのテーマに合わせて登壇者が登場、メタバースについて語った。第2章で登壇した株式会社小学館 ユニバーサルメディア事業局 チーフプロデューサー / XR 事業推進室 室長 嶋野 智紀 氏は 仮装空間の中でさまざまな体験ができる「S-PACE」というメタバースを展開予定(現在はβ版)と話す。これは特別なアプリのダウンロードも必要なく、コミック調のアバターで誰でも簡単にアクセスできるようになっている。小学館のさまざまな雑誌ブランドやコミック作品だけでなく他社のコンテンツも取り入れていく予定で、チャット機能なども備わり、新たなメディア、そしてコミュニティの場になりそうだ。

このようなコミュニティの場がつくられれば、コロナでリアルで会える空間が減ったが、メタバースで集まれるようになる。更には実生活を忘れてリラックスして楽しめる新たな場所としてサードプレイスの次にくるフォースプレイスになるのではないのだろうかなどの意見も上がった。

メタバースとアバターによる可能性

広告の後にも続きます

第3章ではアバターの可能性について語られた。自分ではない誰かになる変身と自分を客観視できる分身の2つがアバター体験にはあるのではないかと語られた。例えばアバター試着では360度いろんな角度から自分を見られる。客観視、幽体離脱して見られるのがキーポイントになり、いつもとは違う選択もできるようになるのだ。また、自分のアバターがダンスを踊っているとその方が覚えやすいという意見も上がった。

更にはアバターで自分ではない誰かに変身することで立場の異なる人の視点を見られる。男性が女性の経験を得る、白人が黒人の経験を得る事で差別がなくなってくるなどの考えもある。またこれは、上司と部下、子育てにも活用でき、アバターの可能性は多方面に広がりそうだ。

第4章では「リアル」を拡張するをテーマに語られた。メタバースによって、すぐに商品を手にとってもらえる世界となり、今まで黒い服しか着なかった人にも赤い服を着させるなど新たな体験も簡単に叶うようになる。トライできるコストのハードルが下がるとトライしやすくなる。旅行する前にバーチャル観光を事前に実行。それで満足する人と現地で味わいたいという2つにも分かれていくのではないかと述べられた。22

このようにメタバースで生まれる新たな自由と可能性は計り知れない。今回は実際に自分のアバターを目にして、そのような現実は目の前にきているんだと実感した。「生活者インターフェース市場フォーラム 2022」で語られた通り、これから数年後、数十年後の未来にはメタバースは私たちの生活に当たり前に存在していることだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル