top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『親愛なる僕へ殺意をこめて』山田涼介が追うLLの正体は? 姉が関与している可能性も

Real Sound

『親愛なる僕へ殺意をこめて』©フジテレビ

 山田涼介主演のフジテレビ水10ドラマ『親愛なる僕へ殺意を込めて』。物語も佳境に入り、15年前の「LL事件」の真相が見えてきた。第8話に向けて、これまでに浮上した謎と考察をまとめたい。

 参考:【写真】エイジ(山田涼介)の育ての親・亀一 (遠藤憲一)

 今作の主人公・浦島エイジ(山田涼介)は二重人格で、エイジは「人生楽しんだもの勝ち。楽しければそれでいい」と、仲間たちと楽しい大学生活を送っている。ただ彼は闇を抱えていて、実の父親が15年前に自殺した連続猟奇殺人事件「LL事件」の容疑者・八野衣真(早乙女太一)。エイジは周囲にその事実を隠し、加害者遺族として悲惨な人生を耐え抜いてきた。事件後は養護施設に預けられたが、八野衣の保護司であった浦島亀一 (遠藤憲一)がエイジを引き取り、実の息子同然に愛情を持って育てる。

 エイジが自分を二重人格と疑い始めたのは、自分の知らないところでデートクラブ「アリス」を経営している半グレ集団「SKALL」のリーダー・サイ(尾上松也)との交流があったことから。

 もう一人の人格・B一は、エイジが眠っている間にしか現れず、臆病なエイジとは正反対の性格で、父の免罪を信じて15年間独自に調査を続けている。父親が殺人者になって以来、周りからいじめやバッシングの苦しみから生まれたのが浦島エイジの人格で、実はB一がオリジナルの人格・八野衣エイジだった。

広告の後にも続きます

 またエイジに協力しているナミ(川栄李奈)は、サイが経営するデートクラブ「アリス」の同僚で、親友の畑葉子(浅川梨奈)がLL事件の模倣殺人の被害者となり、犯人を見つけるためにエイジに力を貸している。

 そして、第7話の放送で「LL事件」の真相が明らかとなった。15年前の「LL事件」を担当したのは、当時新人刑事だった桃井薫(桜井ユキ)と、警視庁の管理官で警部・猿渡敬三(高嶋政宏)。

 LLの被害者は、全員売春クラブ「ホワイトラビット」で働いていた。「ホワイトラビット」は警察にも顧客がいて、実は桃井は同性愛者で「ホワイトラビット」の顧客だった。ガサ入れの時に社長の花坂(遠藤雄弥)から「バラすぞ」と言われ、証拠写真がLLから署に送りつけられたことで桃井は怯えていた。

 桃井を愛していた猿渡は、LLの容疑者として警察が追っていた八野衣の目撃情報を一足先に知り、八野衣の潜伏先で桃井の買春写真を発見。八野衣は「知らない。だったらそれを送った奴がLLだろ!」と否定するも、桃井への愛情のあまり逆上し、八野衣を窒息死させてしまっていた。その後、猿渡は証拠隠滅のために火をつけ、自殺として処理。DNA鑑定で桃井は猿渡が八野衣を殺した事実を知って、八野衣は冤罪と気づいていたが、いつも助けてくれた猿渡に刑事を続けてほしかったから見て見ぬふりをしていた。

 その後、桃井は顧客名簿を持って逃走したとされる花坂を射殺。花坂が逃亡した5年前にサイが「アリス」を立ち上げたことからサイが顧客名簿を持っていると睨んだ桃井は、捜査業務上でサイを射殺し罪を重ねていく。

 真実をB一に告白するも、当然許せないB一と揉み合う中で桃井はB一に刺され、何かを耳元で言い残し、「これで地獄が終わる」と言って川に転落した。猿渡は桃井を失い、呆然としたまま、銃口を咥えて跡を追う。つまり八野衣は、桃井と猿渡の歪んだ愛ゆえに犠牲になったことが判明した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル