top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前のめりのレポーターを駆逐した松田聖子「離婚疑惑対応」職人ワザ/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 私は一時期、女性週刊誌で松田聖子の番記者をしていた。したがって、言い方は悪いのだが、彼女の記者会見を「嫌というほど」取材してきた。だからこそ痛感するのが、彼女の芸能マスコミを巧みに誘導する力。つまり、聖子は自分がどう動けばマスコミがどう動くかを熟知し、マスコミの「餌食」にされていると思わせながら、実はマスコミの方こそが、彼女の掌で踊らされている…そんなすべを持つ、類稀なるスターなのである。

 最初の夫・神田正輝との離婚危機、別居問題が報じられる中、実に5年4カ月ぶりに記者会見に臨んだのは、96年2月23日だった。聖子はこの年秋、全米でも公開予定の日米合作映画「サロゲート・マザー」に出演。PRのため、久しぶりに登場したのだ。

 物語は、不妊症に悩む日系アメリカ人キャスターのナオミ(聖子)が夫と相談の末に代理出産を決意し、ある代理母を選んだことから不可解な事件が起こり始める、というサスペンス。しかし、集まった300人を超える報道陣にとって、映画の内容は二の次三の次。エスカレートする陣取り合戦、そして離婚問題について聞きたくてウズウズするレポーターたちのテンションは爆上がり。会場は早くから異様な熱気に包まれていた。

 そんな中、主演を務めるハリウッドの新進女優、プロデューサーとともに、聖子が登壇。

「久しぶりに女優をやったのでかなり緊張しましたが、気軽な感じでできて、本当にいい経験でした」

広告の後にも続きます

 そう語るや否や、彼女ひとりに質問が集中。さらにしばらくして、あるレポーターが「ところで聖子さん、正輝さんとは…」と口火を切ったものだから、大変だ。

 事前に主催者が「映画以外のプライベートなことは絶対に聞かないで下さい」と釘を指したにもかかわらず、会見場は完全に「聖子、離婚疑惑を語る」の現場と化したのである。

 とはいえ、さすがは聖子。芸能マスコミからの直球に、

「皆さんが騒いでいるだけ。私たちには何の問題もありません」

 と笑って否定。さらに当初、映画でOKしたと報じられたヌードシーンについても、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル