top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“蕎麦屋飲み”してみませんか?めじろ台『長盛庵』は一品料理が豊富!

八王子ジャーニー

めじろ台で15周年、だけど代々辿れば100年以上の“蕎麦屋家系”

めじろ台駅から徒歩3分。京王ストアの裏手に店を構える蕎麦屋『長盛庵』は、今年で15周年を迎えます。

ジャズが流れるモダンな雰囲気の店内。カウンター6席とテーブル席が3卓。

店を切り盛りするのは滝柳 卓(たく)さん。

めじろ台での営業は15年ですが、卓さんの曽祖父である梅吉さんが新宿で蕎麦屋を始めたのが1921年。途中、営業していなかった時期もあるため、めじろ台での開店から年数を数えているそうですが、100年以上前から蕎麦屋を営んできた“蕎麦屋家系”の一族であります。

お店のレジ横の壁には、大正10年に出された「営業許可証」が。大正時代では新宿の一部は、東京市(今の23区のようなもの)ではなく豊多摩郡だったんですね!

広告の後にも続きます

取材に行ったとき、ちょうど蕎麦を打つということだったので、特別に見学させていただきました。社会人になって、最初は静岡で旅館のフロントをやっていたという卓さん。その時は、自分が蕎麦を打つことになるとは思っていなかったのだそう。

蕎麦屋飲み、したことありますか?

ところでみなさんは“蕎麦屋飲み”をしたことがありますか?
「お酒と肴を楽しみ、最後に蕎麦を食べる」という、なんとなく憧れを抱いている粋な飲み方。ちょうど一品料理が多い長盛庵で、大人な飲み方をしてみようと思います。

一品料理の数々

一品料理、ドリンクメニューはコチラ。

■ 油揚げ蕎麦みそ焼 528円

蕎麦の前に食べる肴のことを一般的に「蕎麦前」と言いますが、そのなかでも代表格とされるのが“焼味噌”。長盛庵では、油揚げに蕎麦味噌を乗せてバーナーで焼いた「油揚げ蕎麦みそ焼」として楽しむことができます。

ちなみにこの日選んだ日本酒は、山形・冨士酒造の「栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 極超新星 HYPER NOVA 2022」
1778年に創業された老舗ですが、革新的な日本酒を生み出し続けている酒蔵です。山形の新しい品種「雪若丸」で醸したフルーティーな味わいの1本です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル