top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

剛力彩芽&唐田えりか『極悪女王』撮影現場に“負傷”ゆりやんがサプライズ登場 笑いをとりつつ回復報告

SmartFLASH

 じつは、7日の撮影で、ある某人気俳優の方が、クランクアップの予定でした。

 

 そのため、全員で集合写真を撮影することになっていたのですが、そこに、療養中のゆりやんさんが参加したんです。キャストには直前まで伝えられておらず、“座長”として、サプライズで登場したようです」(芸能事務所関係者)

 

 10月31日、自身のTwitterで《ご心配おかけしましてすみませんでした!!予定よりめちゃくちゃ早く退院できました!!》とツイートし、ゆりやんは退院したことを明かしていた。

広告の後にも続きます

 

「プロレスシーンの撮影中での負傷とのことで、当初は脳の損傷の疑いもありました。ほかの出演者に『MRI検査』の受診要請が出るほど、現場は緊迫した雰囲気になりましたが、ゆりやんさんの怪我は大事には至らなかったようです」(制作スタッフ)

 

 現場では、ゆりやんは負傷の影響も見られず、歩行などにも支障はなかったという。

 

「ゆりやんさんは、今まではほとんどひとりで現場入りしていましたが、この日は所属する吉本興業のマネージャー2人につき添われ、姿を見せていました。『半年近く安静が必要』といわれている容体については、運動以外は問題ないそうです。

 

 自身の怪我で撮影がストップしたこともあり、現場ではキャスト、関係者に頭を下げて回っていました。ただ報告するだけでなく、芸人らしくひと笑いを取って、明るい雰囲気だったと聞いています」(前出・芸能事務所関係者)

 

 ツイートと変わらぬ気丈な姿を見せているようだ。少しでも早く、全快のゆりやんを見たい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル