top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

阪神甲子園球場前の吉野家「タイガース吉牛」の限定メニュー「六甲おろし牛丼」

おたくま経済新聞

 牛丼チェーン「吉野家」といえば、オレンジ&グリーンのロゴでお馴染み。店舗も原則として、このカラーで看板などのサインが作られています。

 しかし、プロ野球・阪神タイガースの本拠地であり、高校野球や大学アメリカンフットボールの聖地でもある「阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)」前にある吉野家は、なんと「タイガースカラー」を採用した特別仕様。

 さらにここでは、限定メニューの「六甲おろし牛丼」が販売されているのです。

【元の記事はこちら】

■ 「日常」に戻った甲子園

 「吉野家コロワ甲子園店」は、甲子園球場の最寄り駅でもある、阪神電車の甲子園駅を出てすぐの場所にあります。実は世界2000店舗目の吉野家という記念すべきお店なんだとか。

広告の後にも続きます

 秋シーズン、そして残念ながら17年連続でタイガースはリーグ優勝を逃したため、駅前は閑静そのもの。ですが、本来甲子園という土地は「西宮七園」のひとつに数えられる、市内でも指折りの高級住宅地。実はこちらの方が「日常」だったりします。

 余談ですが、西宮市にはJRの「甲子園口駅」という「甲子園」と名のつく駅がもうひとつ存在するものの、甲子園球場からは北に離れた場所。「JR」と「阪神電車」の知名度の差か、はたまた甲子園「口」という言葉が球場入口を連想させるのか、初めて甲子園球場を訪れる際、間違えて降り立つ方が後を絶たず、一種の「洗礼」ともいえます。

 ちなみに、JRの甲子園口駅からは住宅街を徒歩で30~40分ほどの距離感ですが、阪神の甲子園駅との間には複数のバス路線が走っており、それを利用すれば道に迷うことなく甲子園球場まで行くことができます。

■ 「タテジマ」に染まった「吉野家」「ローソン」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル