top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』新場面写真公開 人の言葉を話す謎の白い猫の姿も

Real Sound

『すずめの戸締まり』©︎2022「すずめの戸締まり」製作委員会

 11月11日に全国公開される新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』の新場面写真が公開された。

参考:深津絵里、松本白鸚、染谷将太、伊藤沙莉ら、『すずめの戸締まり』出演決定 最新予告も

  本作は、『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(2019年)に続く、新海監督3年ぶりとなる最新作。日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語となっている。

 オーディションで選ばれた原菜乃華が九州で暮らす17歳の女子高生・岩戸鈴芽役を務め、SixTONESの松村北斗が“災い”をもたらす扉を閉める「閉じ師」の青年・宗像草太を演じる。また、新海作品3作連続でタッグを組むRADWIMPSが、世界で活躍する映画音楽作曲家・陣内一真と共作で音楽を担当し、オーディションで見出された十明(とあか)が主題歌「すずめ」を歌う。

 公開された場面写真は7点。まず予告編でも敵なのか味方なのか分からないと話題を呼んだ、人の言葉を話す謎の白い猫・ダイジンの姿が切り取られている。さらに、旅の途中の愛媛で出逢うすずめと同い年の女子高生・海部千果の姿や、ヒッチハイクしていたすずめを拾う、神戸のスナックのママ・二ノ宮ルミとの出会いのシーンも。すずめと共にミカンを食べる千果、旅をするすずめを温かく見守るルミの姿も写されている。そのほか、開かれてしまった扉から出てきた“災い”を閉じ込めるため、草太とすずめが協力し合って扉を閉めようとするシーンや、女子高生と椅子という不思議な組み合わせでスマホを覗き込むシーンが切り取られている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル