top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【次走】高松宮記念覇者ナランフレグは香港スプリントに登録 ゴールドアリュールが生み出した芝の短距離王

netkeiba.com

【次走】高松宮記念覇者ナランフレグは香港スプリントに登録 ゴールドアリュールが生み出した芝の短距離王

 10月2日に中山競馬場で行われたスプリンターズS(GI)に春秋スプリント制覇を狙い出走し3着となったナランフレグ(牡6、美浦・宗像義忠厩舎)は、12月11日に香港の沙田(シャティン)競馬場で行われる香港スプリント(3歳上・香G1・芝1200m)に登録する。

 ナランフレグは父ゴールドアリュール、母ケリーズビューティ、母の父ブライアンズタイムという血統。

 2018年10月に東京競馬場で行われた2歳新馬戦(ダ1300m)で初陣を迎え、デビュー戦を快勝。翌年7月に新潟競馬場で行われた閃光特別(1勝クラス)で2つ目の勝ち星を飾り、以後は芝の短距離路線に舵を切った。昨年12月のタンザナイトS(OP)でオープン戦初勝利を果たし、今年3月の高松宮記念(GI)では、道中15番手の位置からインコースを鋭伸し、春のスプリント王決定戦の大舞台で重賞初制覇。この勝利により、鞍上の丸田恭介騎手、管理する宗像義忠調教師にとっても初のGIタイトル獲得となった。

 父ゴールドアリュールは、これまでにスマートファルコン、エスポワールシチー、コパノリッキーなどダートの名馬を多数輩出したが、芝のGI馬は現時点でナランフレグただ一頭のみ。香港スプリントはハイレベルな国際G1として知られており、日本馬の勝利は2012年から2013年にかけて連覇を果たしたロードカナロア、2020年に父仔制覇を達成したダノンスマッシュの合計3件。末脚自慢の春の短距離王が香港の地で2つ目のタイトル獲得となるか、要注目である。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル