top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田涼介、川栄李奈に触発されて予言!? 「次の朝ドラのヒロインは僕に来ます!」

Real Sound

山田涼介、川栄李奈

 フジテレビ系の水10ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』の会見が放送当日となる10月5日に都内で開催。主演を務めるHey! Say! JUMPの山田涼介、川栄李奈が出席した。

参考:Hey! Say! JUMP 山田涼介が語る、アイドルと役者の両立 “事件”翌日にライブも「昔から」

 『ヤングマガジン』(講談社)、『コミックDAYS』(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化した本作。連続殺人犯を父に持つ主人公の大学生・浦島エイジ(山田涼介)は、ある日、自分が二重人格であることを悟る。“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれない、と思ったエイジは、真相を明らかにするべく行動を起こすが、そこから驚がくの事実が白日の下にさらされて……。川栄は、ある事件をきっかけにエイジと知り合うナミを演じる。

 本作への想いを問われたのは、原作ファンでもあったという山田。「20代最後に、これまで培ってきたものすべてを出してやっと成立するような役。自分の中でも知らない自分を模索しながら、日々頑張っています。自分ごとで言うと、今年(Hey! Say! JUMPの)デビュー15周年を迎えて、ドラマの主演が15回目。いろいろとメモリアルなことも重なっているので、並々ならぬ想いを込めて演じさせていただいていますね。このドラマをきっかけに、山田涼介の新たな表情を視聴者の方に届けられればいいな、と思っています」と熱い胸のうちを述べた。

 川栄は、今年の4月まで放送されていた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)で三代目ヒロイン・大月ひなたを演じていた。記者からは、この朝ドラの経験が、本ドラマに生かされることはあるのか、と質問が投げかけられた。

広告の後にも続きます

 困ったように笑みを浮かべつつ「何かありますか?」と山田に質問を押し付けた川栄。山田は慌てて「俺、朝ドラに出てないから!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

 川栄は気を取り直し「台本の覚えが早くなりましたし、朝ドラは体力が必要だったので、今は体力的に有り余っている状態です」と自身が感じる成長を述べた。「でも、朝ドラのヒロインと同じくらい山田さんの役も大変だと思います。朝から毎日撮影をされている中、ほかのお仕事もされているので、“この人は本当にすごいな”と近くで学ばせていただいています」と称賛を送った。すると、山田が「たぶん、次の朝ドラのヒロイン(のオファー)は僕に来ます!」と一言。会見場を爆笑に包んだ。

 そんな撮影での印象的な出来事について、山田は「拷問されるシーンがあるんですけど……本当に拷問されていまして」と告白。笑みを浮かべつつ「“ウソでしょ?”と思われるかもしれないですけど、本当にされているんです。普通しないですからね?」と念押し。「監督がリアリティを求めているのか、山田涼介が苦しんでいる姿をただ単に見たいのか、それは分からないですけど(笑)」と振り返った。

 一方、川栄は「真夏の暑い時期に、冬服を着て、朝から夕方まで撮影したことがあって、キツイなと思いましたね……。でも、山田さんが(作中で)毎日、あざを作って頑張っている。(そばで見ていて)泣けてくるくらい頑張っていらっしゃるので、こちらも負けずに頑張っています」と語った。

 今回、山田と川栄は初共演となる。二重人格に絡めて、お互いのギャップや意外な一面について問われると、山田は「まったく裏表のない、明るい方だとイメージしていたんですけど、本当にそのまんまで、思ったより2倍以上は明るかったです」と印象を述べた。川栄がよく笑うため、キャスト・スタッフも和やかに。彼女がいると、花が咲いたように現場が明るくなると明かした。

 川栄は山田について「自分が芸能(の世界)に入る前から、ずっとテレビで活躍されていて、小さい時から見ていましたけど、ルックスがまったく変わらないじゃないですか。だから、20代前半くらいの感覚でお話しちゃいます」という。だが、ここで思わぬ暴露が。川栄は「でも、爽やかなイメージで撮影が終わって、カットがかかった瞬間に『疲れた~』って(言っていた)」と告白。山田はすかさず「来年30のおじさん感だすのやめてよ!」と注意して笑いを起こした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル