top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“重箱の隅に宇宙を感じる男”ふかわりょうが、不器用な日常を綴った最新エッセイ集『ひとりで生きると決めたんだ』発売決定!

music.jpニュース

“重箱の隅に宇宙を感じる男”ふかわりょうが、不器用な日常を綴った最新エッセイ集『ひとりで生きると決めたんだ』発売決定!

ふかわりょうさんの最新エッセイ集『ひとりで生きると決めたんだ』を、11月17日に、新潮社より刊行します。

■「ひとりで生きると決めただけ」
『ひとりで生きると決めたんだ』というタイトルは、ふかわさん自身がつけました。本の「はじめに」で、ふかわさんはこう書いています。

〈私が関心を持つことは、ほとんどの人が気にしないこと。重箱の隅を突くようなこと。なので、「どうでもいい」で簡単に片が付きます。〉
 そんな性分について、〈ひとりだからこそ見えるもの、気がつくこと。もしも社会における役割をいただけるとしたら、誰もが素通りする場所で足を止め、ゆっくり眺めることだと思うのです。〉と表現。
 そして、〈悲観なんてしていません。謳歌も自負もしていません。ひとりで生きると決めただけ〉と綴ります。

 本作には、そんな “重箱の隅に宇宙を感じる男”ふかわりょうによる22編のエッセイが収録されています。



■刊行にあたり、ふかわさんからのコメント
  ソロキャンプ、ぼっち、生涯未婚率。そんなフレーズが飛び交う昨今の風潮に合わせた、「ひとりを楽しもう」「ひとりは怖くない」的な、「おひとりさま」を謳歌する器用な人間が作った本ではありません。今、その場所から見える景色を大切にしてほしい。周りの「いいね」もいいけれど、自分だけの「いいね」を見つけてほしい。ただ、それだけです。この一冊が、情報過多な日々に疲れた心を解きほぐすことを願っています。


■書籍内容
 それは覚悟なのか、諦めなのか——。
 しっくりくる肩書きがない、人生が楽しくなる「週5日制」、「湘南」の定義、心を射抜かれた田中みな実さんの一言……。誰もが素通りする場所で足を止め、「どうでもいいこと」の向こう側で見つけた、自分だけの「いいね」。48歳ふかわりょうの不器用な日常を綴った、エッセイ集です。
 彼はなぜ、ひとりで生きると決めたのか。


■掲載エッセイのネット公開分がこちらから読めます
・湘南の風

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10091059/?all=1



・諭吉は見ています

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08141100/?all=1



・しっくりこないまま

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/02271115/?all=1




■著者紹介
1974年生まれ。神奈川県出身。慶應義塾大学在学中の94年にお笑い芸人としてデビュー。長髪に白いヘア・ターバンを装着し、「小心者克服講座」でブレイク。後の「あるあるネタ」の礎となる。現在はテレビMCやコメンテーターを務めるほか、ROCKETMANとして全国各地のクラブでDJをする傍ら、楽曲提供やアルバムを多数リリースするなど活動は多岐にわたっている。著書に『世の中と足並みがそろわない』など。


■書籍データ
【タイトル】ひとりで生きると決めたんだ
【著者名】ふかわりょう
【発売日】11月17日
【造本】46判ソフトカバー
【本体定価】1540円(税込)
【ISBN】978-410-353792-2
【URL】

https://www.shinchosha.co.jp/book/353792/


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル