top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人類が見つけた最も古い星は「134億歳」…星の第1号は宇宙誕生から2億年後に誕生

SmartFLASH

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(写真・NASA)

 

 宇宙の誕生については、現在でも確たる定説はない。

 

 しかし、一つのアイデアがある。それは “無” から宇宙が生まれたというものだ。 “無” と聞くと、何もないと思う。それが私たちの常識だ。しかし、ここでいう “無” は、物理の世界の “無” であり、宇宙を作る能力を秘めた “無” である。

広告の後にも続きます

 

“無” から宇宙が誕生したとき、その宇宙には時間と空間が生まれた。時が流れ出すと同時に、宇宙は状態を変えながら急激な膨張を経験する。インフレーションと呼ばれる現象である。

 

 

 インフレーションは宇宙に膨大な熱を残す。宇宙は灼熱の火の玉になる。その熱エネルギーを使って、宇宙はさらに膨張を続ける。これがビッグバン・モデル(あるいはビッグバン宇宙論)と一般に呼ばれている宇宙誕生のモデルである。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル