top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

男子メンバーが声を上げて号泣…リーダーのモデル鈴々木響が脱落、シリーズ史上最も涙の量が多かった脱落回『オオカミちゃんとオオカミくん』第8話

ABEMA TIMES

 視聴者が“オオカミ”を予想する「オオカミ投票」の結果、ひびきが1位になり、脱落が確定。メンバーたちは大号泣し、悲しみに暮れた。

【映像】ひびきが脱落、メンバー全員大号泣&嗚咽

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』第8話が、10月2日(日)よる10時から放送された。

『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』とは

 本番組は、ABEMAオリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作。恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上、「“嘘つき”オオカミくん」が男性側に1人以上潜んでいるというルールのもと、10人の男女がデートや共同作業を通して、 “最高の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかけていく。なお、男女どちらにも“オオカミ”がいるシーズンは『オオカミ』シリーズ放送開始以来、史上初となる。スタジオでは横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠がMCを務め、第8話はボーカルダンスユニット「M!LK」の佐野勇斗と山中柔太朗をゲストに迎えた。
    
 女性メンバーは、加藤栞(しおり/17歳/モデル)、新野尾七奈(なな/20歳/モデル)、高鶴桃羽(ももは/19歳/バレリーナ)、新音(にのん/17歳/女優・モデル)、三原羽衣(うい/20歳/女優・インフルエンサー)。男性メンバーは、大久保琉唯(るい/18歳/K-1ファイター)、鈴々木響(ひびき/19歳/モデル・DJ)、高橋璃央(りお/21歳/モデル・俳優)、中村榛(はる/18歳/モデル)、能勢倫(のせりん/19歳/モデル)。

大泣きするメンバーたち、ひびきは冷静に振る舞うも最後は涙

 ついに訪れた、脱落発表当日。脱落を告げる赤い花火が、夜空を彩った。しおりはボロボロと涙をこぼし、その他のメンバーも次々に涙。その時ひびきは、呆然とした表情を浮かべ、頭上で弾けた赤い花火を見上げていた。

広告の後にも続きます

 今回の脱落発表は、男女問わず5人のメンバーを対象に実施。この日の日中、ももは、なな、にのん、ひびき、りおの5人に、脱落の可能性がある旨が伝えられていた。残るはりお1人という中、4人目で告知を受けた、ひびき。脱落が確定すると、他のメンバーたちは泣きじゃくり、その場に嗚咽が響き渡った。「ごめん」。ひびきは努めて冷静に振る舞い、悲しませてしまうことへの、謝罪の言葉を口にした。

 ひびきといい雰囲気になりながら、引き裂かれる運命となったしおりが、肩を震わせて泣いていたのはもちろんのこと、激しく泣く男性メンバーの姿も目立ち、ひびきがいかに仲間たちから愛されていたかが伝わってきた。なかでも、はるは目を真っ赤にして大号泣。ひびきが場の雰囲気を明るくしようと、「おい、泣きすぎ。気持ち悪い(笑)」とツッコむと、はるは泣き崩れ、「みんな大好きだから、いつでも戻ってきてよ。また、いじってよ、いっぱい。待ってるから」と声を絞り出した。

 るいもまた、2歳年上のひびきを慕っていたようだ。ひびきが「仲良しだったよね」と微笑みかけると、るいはたまらず天を仰ぎ、涙を拭った。その後も、るいは涙が止まらない。ひびきが笑顔で優しく抱きしめると、るいは嗚咽を漏らし、一瞬、うずくまる姿も見られた。

 最年長メンバーのりおは、取り乱すようなことはなかったものの、ひびきの脱落が確定した瞬間、思わず涙ぐみ、悲痛な表情に。そして、ひびきが「いつもタメ口ですみません」と笑いながら頭を下げると、こぼれ落ちる涙を拭った。ひびきとりおは、恋愛面ではライバル関係にあったが、いつしか友情が芽生えていたようだ。ひびきはりおに「最初、全然仲良くなれると思ってなかったけど、仲良くなっちゃったね」と笑みを向け、「マジで会えて良かった」としみじみ。りおも「ひびきがこのメンバーにいてくれて、すげー良かったし、本当に最高の仲間を見つけられたなと思う」と、ひびきとの出会いに感謝した。

 ななを巡り、ひびきと恋の火花を散らしたのせりんも、声を上げて号泣していた1人。ひびきは、のせりんの肩に手を置き「この子、僕の同級生の一番仲良くしてくれた優しい子です」と、仲間たちに語りかけた。だが、その後の言葉が、出てこない。我慢していた涙が、ひびきの目からあふれ出した。「本当に出会えて良かった」。ひびきはそう言うと、顔を両手で覆って泣き出してしまった。のせりんも、目に涙を浮かべながら「俺もひびきと友達になれて良かった」と、切々と吐露。最後に2人は「また」と抱きしめ合った。

 その他のメンバーとも、ひびきは別れの言葉を交わし、共に共同作業のリーダーを務めたにのんには「一緒にリーダーとして、めっちゃ心強かったし、マジありがとう」と感謝。にのんは「一番つらいのに、泣かないようにしてさ…。最後の最後まで、みんなを引っ張ろうとしてくれて…」と感極まる様子を見せつつ、「いつでも戻ってきて」と再会を誓った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル