top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

歴代人気美女アナ「成り上がり」ランキング〈局内出世争い〉日テレ・水卜麻美は未来のアナウンス部長も

アサ芸プラス

 芸能人と遜色ない存在感を放つキー局の女子アナたちも、実際はいち会社員である。一般企業と同様、社内で激しいつばぜり合いを演じ、いかにして勝ち残ってきたのか。

 入社以来、40年近く経つが、まさに絵に描いたような出世を遂げてきたのは、日本テレビの木村優子アナ(61)だ。若い頃よりバラエティー番組から報道番組まで幅広く活躍し、その後は報道局解説委員や広報局宣伝部次長、コンプライアンス推進室視聴者センター部長など要職を任され続け、10年からアナウンス部の部長に就いた。同局の番組スタッフが語る。

「実績に加え、氏家齊一郎元会長の寵愛を受けていたことで出世コースを歩んできました。一方、アナウンス部長時代は絶大な権力を持ち、部下への指導の厳しさから『女帝』と呼ばれていた。西尾由佳理アナや宮崎宣子アナらの退社ラッシュがあった時は、木村部長との軋轢も噂されました」

 14年6月に他部署への異動が発表されると「女帝も都落ちか?」と局内外で話題となったが、その後も同局の関連会社である株式会社J.M.Pの代表取締役社長や株式会社日テレイベンツの専務取締役などを務めた。

「アナウンス部長を退いてからも、アナウンサーを育成する『日テレ学院』の学院長を任されるなど、その指導は厳しいながらも評価はされていた。女子アナの過度なタレント化には反対する立場の人ですね」(番組スタッフ)

広告の後にも続きます

「女子アナたるもの」を体現するがゆえの出世街道か。

 続いて、フジテレビの西山喜久恵アナ(53)も着実に地位を築いてきた。フジ黄金期を支えた女子アナの1人だが、今なお番組への出演を続け、今夏にはアナウンス室の局次長職に昇進している。

 女子アナ評論家の丸山大次郎氏が言う。

「バラエティーやスポーツ、報道など何でもしっかりとこなし、番組に出続けられる存在感や実力を考えれば出世するのも当然かと。50歳を超えたアナウンサーがテレビに映って『あっ、きくちゃんだ!』と自然に思わせるのは、すごいことだと思います」

 5位にランクインのTBS・江藤愛アナ(36)は昨年、入社12年目にしてエキスパート特任職トップスペシャリストの座に就いている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル