top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アイルランドを中心に伝わるケルト神話の中心的な存在と呼ばれる神々とは?【世界の神々】

ラブすぽ

アイルランドを中心に伝わるケルト神話の中心的な存在と呼ばれる神々とは?【世界の神々】

アイルランド中心に伝わる神々と人間の攻防

ケルト人とは、紀元前3世紀頃に現在のイギリスからルーマニアまでの地域に暮らした民族です。ケルト神話は、このエリアの中でもアイルランドを中心に伝わる神話をいいます。

もともとは口承で伝えられ、10世紀以降にキリスト教修道士によって書き記されました。来寇(らいこう)神話群、アルスター物語群、フィン物語群、歴史物語群の4つに大別されています。

中心的な存在はダーナ神族と呼ばれる神々です。黒い雲とともにアイルランド北西部に上陸し、魔力、知力、技術力で支配しました。

この地に到着する前には、4つの秘宝(リア・ファル、ブリューナク、クラウ・ソラス、ダグザの大釜)を手に入れています。

その頃、アイルランドはフィル・ボルグ族が支配していましたが、ダーナ神族は、フィル・ボルグ族に迫害されていたフォモール族と組んでフィル・ボルグ族を倒します。

広告の後にも続きます

アイルランドを支配したダーナ神族でしたが、後からやってきた人間のミレー族(ケルト人の祖先)に敗れ、辺境の地へ送られます。

そして、ここで妖精となり、地上に現れては奇々怪々なエピソードを展開していきます。

ダーナ神族は実在したともいわれ、アイルランドに残る巨石遺跡はダーナ神族によってつくられたものが多いと考えられています。

*ケルト:かつてローマ人は、ケルト人が住むエリアをガリアと呼んだ。詩人ルカヌスの『内乱記』にはガリアの神による悽惨(せいさん)な物語が残されている。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル