top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

海老蔵“大先輩”仁左衛門から「声が小さい」と忠言も「あれがリアル」と堂々無視の不遜

女性自身

海老蔵“大先輩”仁左衛門から「声が小さい」と忠言も「あれがリアル」と堂々無視の不遜

《歌舞伎座三部、海老蔵平右衛門は本当に声が聞こえないところがあって驚いた。三味線が入るところがほぼ全滅》
《海老蔵丈は芝居に調和せず、声も響かず、襲名披露が不安になる出来……》

 

歌舞伎座で9月27日まで上演していた九月大歌舞伎『仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場』で、観客から市川海老蔵(44)に対してSNSでブーイングが起きていた。

 

「問題視されているのは、海老蔵演じる平右衛門が妹の遊女・おかると会話する場面。兄妹の情愛と哀愁が描かれる大事な一幕なのですが、海老蔵が何と言っているのか、1階席でも聞き取れないと指摘されています」(歌舞伎関係者)

広告の後にも続きます

 

実際にこの芝居を見た演劇評論家の上村以和於氏は言う。

 

「声が小さいというか、もっと芝居と結びつけて言うと、声が弱いということですね。本来の平右衛門役は男らしくて元気がよくて闊達な人物。それが弱々しい声では、役としてふさわしくないのです」

 

今回の海老蔵の小さな声量に最初に怒ったのが、三部の主役・片岡仁左衛門(78)だったと前出の歌舞伎関係者は言う。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル