top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『七人樂隊』ツイ・ハークが“友人”リンゴ・ラムについて語るコメント映像公開

Real Sound

©︎2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

 10月7日に公開されるオムニバス映画『七人樂隊』内の一遍『深い会話』を手がけたツイ・ハーク監督のコメント映像とメイキング写真が公開された。

 本作は、ジョニー・トー監督のプロデュースで、長らく香港映画界を牽引してきた7人の映画監督が集結し、1950年代から未来まで、10年ずつ年代を分けて担当した短編7本から成るオムニバス映画。7人の監督が特別なノスタルジーを込めて映像化した7つの物語は、デジタルカメラが主流の現代にあえて35mmフィルムでの撮影を行い、過ぎ去りし“フィルムの時代”への敬意を表明している。

 日本での公開に際し、7作品中の掉尾を飾る『深い会話』を監督したツイ・ハークによるコメント映像が公開。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』などを手がけてきたツイ・ハーク監督が本作で担当した時代は「未来」。完成した『深い会話』のストーリーは、精神科医(チョン・カムチン)と患者(チョン・タッミン)の対話を中心に進み、香港映画ファンにとっては思わず笑わずにはいられないスターや監督たちの固有名詞も挟みつつ、予測不能にねじれていく不条理コメディとなっている。さらに、その医師と患者のやりとりを、隣の部屋にいる別の2人の男性(ローレンス・ラウ、ラム・シュー)がガラス越しに観察しており、観るものを「一体、誰が医師で、誰が患者なのか?」と混乱させる。

映画『七人樂隊』『深い会話』ツイ・ハーク監督コメント映像

 そんな作品を手がけたツイ・ハーク監督は、「すでに僕たち映画界から関係がきれた(35mm)フィルムに対し、最後の貢献をさせてもらったこと、これは映画スタッフにとって意義があることです」と語る。また、仲の良い友人であったリンゴ・ラム監督の遺作となってしまったことにも触れ、観客が彼の作品に込められたメッセージを感じてほしいとも話している。

 あわせて公開されたメイキング写真では、ツイ・ハーク監督ら『深い会話』のスタッフ・キャストの姿が捉えられている。

広告の後にも続きます

■公開情報
『七人樂隊』
10月7日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:サモ・ハン、アン・ホイ、パトリック・タム、ユエン・ウーピン、ジョニー・トー、リンゴ・ラム、ツイ・ハーク
プロデューサー:ジョニー・トー、エレイン・チュー
出演:ティミー・ハン、フランシス・ン、ジェニファー・ユー、ユン・ワー、ン・ウィンシー、サイモン・ヤム、チョン・タッミン、ラム・シュ
配給:武蔵野エンタテインメント
2021年/香港/広東語/111分/ビスタ/5.1ch/原題:七人樂隊/英題:Septet: The Story of Hong Kong/日本語字幕:鈴木真理子
©︎2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved
公式サイト:septet-movie.musashino-k.jp
公式Twitter:@septet_movie

TOPICS

ジャンル