top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】杉浦&小島GHCタッグ一発奪取 「俺たちが世界で一番あぶないタッグチーム“タカ&サトシ"だ!」

プロレス/格闘技DX

【NOAH】杉浦&小島GHCタッグ一発奪取 「俺たちが世界で一番あぶないタッグチーム“タカ&サトシ"だ!」

『GRAND SHIP 2022 in NAGOYA PRO-WRESTLING LOVE FOREVER.2 〜OUT BREAK〜』愛知県体育館(2022年9月25日)
GHCタッグ選手権試合 ○杉浦貴&小島聡vsティモシー・サッチャー&鈴木秀樹×

 杉浦&小島組が鈴木&サッチャー組を破って、GHCタッグ王座“一発奪取”に成功。小島は「俺たちが世界でいちばん“あぶないタッグチーム”杉浦&小島、略してタカ&サトシだ!」と叫んだ。

 小島が同じ1970年生まれの杉浦にタッグ結成を持ちかけて王座挑戦が決定。チーム名を“タカ&サトシ”と名付けた小島は、昭和から平成にかけて人気を博した名ドラマ『あぶない刑事』を気取って独走し、杉浦も渋々付き合う姿が妙な味わいを生んだ。

 とはいえ前哨戦ではサッチャーにシングルマッチでことごとく敗れるなど大劣勢に。この日も鈴木&サッチャーの腕攻め地獄に小島が捕まり、杉浦との連係攻撃も盛大に誤爆して歯車が噛み合わない…。

 終盤には杉浦も窮地に。ニーバットをキャッチした鈴木から強烈なバックブリーカーを浴び、前後からのエルボーで人間サンドバックと化す。それでも鈴木のロイヤルストレッチは小島がカットで阻み、鈴木のツームストンパイルドライバーからのダブルアームが決まっても、またしても小島のカットが間に合った。

 さらに小島は取り押さえにきたサッチャーをラリアットで振り切るや、鈴木にも垂直落下式ブレーンバスターからのウエスタンラリアット一閃。すかさず杉浦が予選スラムでぶん投げ、瞬く間に3カウントを奪い去った。
 最後の最後にさすがの爆発力を発揮して、GHCタッグ“一発奪取”に成功。やはり『あぶない刑事』気取りでマイクを握った小島は「タカ、やったな。俺は取れると思っていた。ありがとう」と握手を求め、不信感から一貫して“一本指”で応じてきた杉浦も、ついにガッチリと握り返した。

 そのまま小島が「俺たちが世界で一番あぶないタッグチーム、杉浦&小島、タカ&サトシだ。よーく覚えとけ!」と叫んでみせたものの、バックステージではいつもの調子に逆戻り…。「勝ったの俺だよね? なんで勝手に締めてるの?」(杉浦)、「締めるのは俺って決まってるんだよ」(小島)、「決まってね―よ!!」(杉浦)と、『あぶ刑事』一件落着後の一幕のようなやり取りを展開し、先行きに期待と不安を感じさせた。

【試合後の杉浦&小島】

▼杉浦「サトシ早く!」

▼小島「疲れた」

▼杉浦「いやいや、俺が1、2、3取ったよね? また締めって」

▼小島「いや、なんか凄いいいタッグチームになった気がした」

▼杉浦「俺が1、2、3取ったのにマイクで締めて。しかも俺たちメインイベントじゃないからね? なんでマイクでまた締めて。そういうところあるよね、本当にサトシは」

▼小島「マイクで締めた人がやっぱり一番その締めだから。取ったのは。でも、マイクで喋った人間が締めだからさ。偶然俺がマイクを持ってたから、ちょっと今は喋っちゃったけど、どっちでもいいんだよ、それは」

▼杉浦「いや、俺が納得いかないんだよ。まあでも、今日はね、助けてもらったんで。ありがとう」

▼小島「どっちも助けたし、助けられたしさ。お互い様なんじゃない、こういうのはもう。タッグチームだから。俺たちタカ&サトシだからさ」

▼杉浦「まあでも、次は俺にマイクで締めさせてよ」

▼小島「いや、マイクは俺がいつもやることになってるから」

▼杉浦「いやいやいや。勝手にルールを全部作るからね」

▼小島「流れでいいけど、大体基本は俺がマイクで締めることになるから」

▼杉浦「なんで? どういうこと?」

▼小島「それだけ言っておく。タカよろしく。勝った時は俺が締めることになるから、だいたい。そのほうがタッグチームとしてのバランスがいいから…たぶん」

▼杉浦「やっぱり握手はこれ(指)に戻すわ。さっきガッチリしたけどこれで」

▼小島「これでもいいんだ。とりあえずこれでもありがたいから。とりあえず今、また新しい…」

▼杉浦「全部締めるもん!」

▼小島「秋から始まるアラフィフストーリーがまた始まって。わかんないけどさ、秋からいろんなことが始まって…」

▼杉浦「もう帰ろう! 帰るよ!」

▼小島「帰ろう」

【試合後の鈴木&サッチャー】

▼サッチャー「今日は彼らが勝った。明日ならどうなるかわからない。だけれど、確かに勝ったのはあいつらだ。でも、もうリスペクトはできないな」

▼鈴木「(英語での質問を求めると)1つだけだよ、言いたいことは。杉浦貴、いい加減にtwitterしろ!」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル