top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“4,630万円誤送金”田口翔被告 町と和解成立報告にエール続々「見守っています」

女性自身

“4,630万円誤送金”田口翔被告 町と和解成立報告にエール続々「見守っています」

《本日9月22日、民事裁判で和解が正式に決まりました》

 

9月22日、Twitterにこう綴ったのは、山口県阿武町新型コロナ給付金約4,630万円を誤振込した問題で起訴された田口翔被告(24)。同町が弁護士費用など約485万円の支払いを求めて起こした民事裁判で、和解したことを明らかにした。

 

各メディアによると、裁判所が今月15日に和解案を提示し、双方が同意。阿武町議会は16日、町が提出した関連議案を全会一致で可決。同町が田口被告側から解決金として約340万円を受け取るという和解内容だったという。

広告の後にも続きます

 

今年4月に誤振込された約4,630万円を返還拒否したことで、時の人となった田口被告。5月には電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されるまでの事態に。8月1日に保釈されてからは、YouTuberのヒカルのサポートを受け、彼の関連する会社に就職。Twitterアカウントも開設し、現時点でフォロワーは10万人を超えるなど、注目を集めている。

 

田口被告は冒頭に続いて《阿武町の方々、大変ご迷惑おかけしました。本当に申し訳ございません》と謝罪。そして、《町役場、町長には直接謝罪に伺いたかったのですが、ご迷惑のようで今はまだ叶いませんでした。いつか受け入れてもらえるよう精一杯努力します》と締めくくっていた。

 

この投稿には、9月23日時点で約1.6万ものいいねが寄せられるなど好意的な反応が。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル