top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『大奥』中島裕翔が水野祐之進に 冨永愛、風間俊介、貫地谷しほり、片岡愛之助も出演へ

Real Sound

×
(左から)片岡愛之助、冨永愛、中島裕翔、風間俊介、貫地谷しほり

 2023年1月よりNHKドラマ10で放送される『大奥』に、中島裕翔、冨永愛、風間俊介、貫地谷しほり、片岡愛之助が出演することが発表された。

参考:仲里依紗が綱吉、山本耕史が右衛門佐、竜雷太が桂昌院に 『大奥』第2弾キャスト発表

 『大奥』は、3代将軍・徳川家光の時代から幕末・大政奉還にいたるまで、男女が逆転した江戸パラレルワールドを描いてセンセーションを巻き起こした物語。今回の映像化では、3代将軍・家光編から物語のラスト・大政奉還までの物語を描く。

 脚本は、『JIN-仁-』(TBS系)、『ごちそうさん』(NHK総合)、『おんな城主 直虎』(NHK総合)などを手掛けてきた森下佳子が担当する。

 このたび出演が発表された5名は、「8代・徳川吉宗×水野祐之進編」に登場する。江戸の貧乏旗本の息子で武芸に秀で、眉目秀麗な心優しき青年・水野祐之進をHey! Say! JUMPの中島、未曾有の財政難に陥る徳川幕府の命運を背負うことになる8代将軍・吉宗を冨永、水野を何かと助け、彼の御中臈昇進に伴い身の回りの世話係を務めることになる杉下を風間、吉宗の幼なじみで、紀州時代から吉宗に仕える片腕的存在・加納久通を貫地谷、7代将軍・家継の代に大奥総取締となり、吉宗の代も留任する藤波を片岡がそれぞれ演じる。

広告の後にも続きます

 「8代・徳川吉宗×水野祐之進編」……貧乏旗本の息子・水野祐之進は幼なじみの薬種問屋の跡取り娘・信と添い遂げることが叶わぬならと大奥入りを決意。そして、紀州徳川家から将軍となり、幕府の逼迫した財政を大胆に再建しようとしていた吉宗から、大奥で最初に声がかかる。しかし、将軍の最初の相手である「ご内証の方」は死なねばならぬと知り……。

コメント
中島裕翔(水野祐之進役)

水野は見た目とは裏腹にいつも周りの人のことを考え、人の為に何かできない と考える心優しい青年。それが故になんでも自分で背負い込もうとする漢気を 見せる部分もあります。そんな彼が生きる時代はある病が流行っているという 今と似ているシチュエーション。現代にも通ずる点があると思いました。現代を 生きる我々が抱える様々な悩みや不安。そこに勇気を持って立ち向かうような 水野の姿をお届けできればと思います。

冨永愛(徳川吉宗役)

約260年も続いた徳川の歴史は、日本の礎となっています。その壮大な歴史が、よしながふみさんにより、現代の私たちにとって、他人事とは思えない様々な問題を浮き彫りにした『大奥』となり、初めて拝読した時、大きく心を動かされました。そんな素晴らしい作品に出演させていただくことになり、大変光栄に思っております。さらに吉宗という歴史にもこの作品の中でも鍵となる名高い名君を演じることになり、心躍ると同時に身が引き締まる思いです。『大奥』のファンの方々、そして新たに観る方々にとっても、納得のいく吉宗であるように精進してまいります。私もこれからの撮影が楽しみで仕方ありません、どうぞ皆さま、お楽しみに!

●風間俊介(杉下役)
この切なく、儚く、強く、美しい物語の一部になれることを嬉しく思います。『事実は小説より奇なり』と言いますが、僕は、人が思い描く物語が好きです。人が作るフィクションの力を信じたい。それと同時に、歴史の面白さも知っています。その二つが美しく折り重なった作品『大奥』皆様に喜んで頂けるよう努めようと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル