top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『iPhone 14』シリーズで一番売れなかったモデルとは? 著名アナリストが予測

Real Sound

×
Appleより

 Appleの分析に定評があるアナリストMing-Chi Kuo氏は、ローンチされたばかりの『iPhone 14』シリーズの機種戦略が失敗しているという初期分析を発表した。

(参考:【比較写真】『iPhone 14』シリーズラインナップ

 先行予約の状況について、『iPhone 14 Pro』 と『iPhone 14 Pro Max』は配送期間が4週間以上先であり、『iPhone 13 Pro』や『iPhone 13 Pro Max』と同等かそれ以上の予約が入っていることが考えられるという。

 一方で、『iPhone 14』と『iPhone 14 Plus』は発売時点で在庫が確保されており、現状では『iPhone SE3』や『iPhone 13 mini』を下回っている。

 つまり、高級モデルは好調だが、エントリーモデルの需要が低迷していることを反映しているという。とりわけ『iPhone 14 Plus』は予約が予想を大幅に下回っているという。

広告の後にも続きます

 小型のiPhone 13 miniは売れ行きが伸び悩み、大きめのiPhone 14 Plusと入れ替わった格好だが、挽回できずにAppleは悩ましいところだろう。このままいけば、販売予測を下方修正する可能性もあるという。

 世界的に景気が低迷するなか、高額のモデルが人気で下位機種が売れない背景にはどんなことがあるのだろうか。

 プロモデルは、最新のApple A16 Bionicチップを搭載し、カメラが4800万画素になるなど性能が大幅に向上している。一方『iPhone 14』エントリーモデルはGPU強化が施されたA15 Bionicチップを搭載し、前面カメラと背面カメラにはマイナーアップグレードがある。『iPhone 11』や『iPhone 12』から買いかえるのであれば違いは歴然だが、『iPhone 13』からのアップグレードは限定的だと感じるユーザーもいるだろう。

 製造業は生産コストや配送費用の増大などに直面し台所事情は厳しく、価格の上昇を抑えるために悪戦苦闘した結果かもしれない。

 ある意味で、コロナ禍や紛争などによる「インフレ」という時勢が反映されているiPhoneとも言えるだろう。

(source)
https://www.macrumors.com/2022/09/12/kuo-iphone-14-plus-worse-than-iphone-13-mini/
https://9to5mac.com/2022/09/12/iphone-14-pro-max-dominates-pre-orders/
https://www.patentlyapple.com/2022/09/ming-chi-kuo-has-leapt-to-the-conclusion-that-apples-iphone-14-product-segmentation-strategy-for-standard-models-failed-this.html

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル