top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車椅子ダンサーの圧倒的なステージに感動!2020東京パラリンピック開会式出演・かんばらけんた

フィールドキャスター









9月16日、都内で行われた『アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2022』キックオフイベントで圧倒的な存在感を放っていたのは、車椅子ダンサーのかんばらけんたさん。



腕力だけで車椅子から天井へ体を持ち上げたり、車輪を使って体を回転させたりと、車椅子を使いこなした唯一無二のパフォーマンスで観客を魅了しました。



二分脊椎症であるかんばらけんたさんは、現在、フリーの車椅子ダンサー、サーカスパフォーマーとして活動しています。2020年には東京パラリンピック開会式に出演し、再び注目を集めました。



今回、かんばらけんたさんが出演した、『アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2022』は、“障害のあるアーティストの作品で街全体を美術館にする”という、ユニークな市民芸術祭。10月15日から23日まで深川エリア(門前仲町・清澄白河・森下)で開催されます。 また、3年目の開催となる今年は、本祭に先駆けて、豊洲地区にて、9月16日から19日の4日間、『アートパラin豊洲』が開催されます。


TOPICS

ランキング

ジャンル