top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヤクルト村上の前後を打つのは誰だ?栗山監督が狙う侍Jのサプライズ招集

アサ芸Biz

×

 侍ジャパンのメンバー招集に「サプライズ」があるかもしれない。

 日本代表チームを指揮する栗山英樹監督が、東京ヤクルト対巨人戦を視察した(9月13日)。その目的は村上宗隆。栗山監督の目の前で、NPB史上日本人選手最多タイの55号アーチを放った。
 
「試合前、栗山監督は村上と談笑していました。『打ってほしい時に絶対打ってくれる、勝たせてくれる人』と大絶賛していました」(スポーツ紙記者)

 侍ジャパンの4番も村上で決定しているような雰囲気だったが、栗山監督は“意味シンなセリフ”も残していた。

「長打を打てる打者が何人か必要。岡本(和真)選手、(中田)翔であったり‥‥」

広告の後にも続きます

 元教え子、中田は巨人の第91代4番打者となって以来、打撃不振から完全に抜け出した。

「中田は33歳。来春3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は若手で戦うというのが、もっぱら」(前出・同)

 しかし、「長打、中田」の発言はリップサービスではなかったらしい。栗山監督は侍ジャパンのメンバー編成について、「勢いのある選手を選ぶ」とも語ってきた。これが「若手中心」論の根拠ともされているが、

「実績よりも上り調子にある選手、自信、大舞台に負けない精神力を持っているという意味」

 と、語る関係者もいないわけではないのだ。

 また、こんな指摘も聞かれた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル