top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「どこに置いても大惨事」リアルすぎる食品サンプルが大反響 制作理由をメーカーに聞いたら…高い技術力の背景見えた

J-CASTニュース

割れた生卵がキーボードの上やオフィスの床、電子レンジの中、椅子の上に散乱している――思わず焦ってしまうこれらの写真に、ツイッターで10万「いいね」を超える大きな反響が寄せられた。

投稿したのは、1932年創業の食品サンプルメーカーいわさき(大阪市)の公式アカウント。散乱した生卵は同社の食品サンプルだったのだ。あまりにもリアルな出来にツイッターでは、「匠の技」「どこに置いても大惨事だ」などと驚きの声が広がっている。

J-CASTニュースは2022年8月30日、製作のこだわりやねらいを、いわさきの広報担当者に取材した。

食品サンプルならではの表現

話題になった割れた生卵の食品サンプルは、特販部の田尻崇さんが「生々しい生卵」というタイトルで製作した作品の一つだ。いわさきの広報担当者は、同作をこう評する。

「卵なら広く外国の方でもわかるポピュラーでシンプルな食材ですし、あっと驚くリアル感、そして食品サンプルならではの表現をどなたにでも楽しんでいただける作品かと思います。落として割れてしまった卵黄表面の飛び散った感じや白身の色の濃いところ薄いところの微妙な色の差はもちろんですが、特に製作担当者のこだわりの『卵の殻』は繊細な薄さや割れた感じ、そして殻の内側の卵殻膜まで見事に再現されています」

広報担当者によれば、田尻さんは「卵の殻を今までにないくらいリアルに作れるかもしれない」再現のアイデアを思いついたことをきっかけに製作したそうだ。

広告の後にも続きます

従来の食品サンプルは実物から型を取るが、今回は黄身や白身などの原型を創作。殻の中の薄皮やわずかに残った卵白、殻のひび割れも全て意図的に表現したという。しかし殻の製作は最も苦労したそうで、薄くて繊細な部分の表現に広報担当者も「よく再現したな」と驚く。

「生々しい生卵」は2022年8月18日から31日まで、同社グループが主催したイベント「おいしさのアート展2022」で展示された。

東京ソラマチの会場には「ピサの斜塔」のように積み上げられたピザや、龍になったドラゴンフルーツなど、食品を模したユニークな作品が並ぶ。このような食品サンプルを作るねらいを聞いた。

「つくりたいものをつくる」ことで技術向上

広報担当者によれば、いわさきでは技術の向上や開発を目的に、1966年から社内コンクールを開催している。

「普段は飲食店のオーダーに忠実なものづくりを目指している製作技術者が『つくりたいものをつくる』ことを許される場として自由な発想のもと、持てる技術と経験のすべてを注ぎ込み、本物と区別のつかない超リアルな作品や、遊び心満載でユーモラスな『映える』作品など、毎回数々の名作を生み出してきました」

この取り組みは、多くの新技術や表現方法の発見、新商品の開発につながったという。例年はグループ企業3社それぞれで開催しているが、今年は創業90周年を記念しグループ全体で開催。約100人の技術者が食品サンプルだからこそ伝えられるものを探求し、腕を競い合ったそうだ。インターネットでは好きな作品への投票を受け付けており、後日結果の発表を行う。

いわさきは2016年10月に公式ツイッターを開設し、こうした取り組みを紹介し続けている。飲食店の販促ツールとして生まれた「食品サンプルそのもの」の魅力を発信していきたいという。

「当社のSNSは、食品サンプル自体にスポットを当て、美味しそうに再現する製作技術や、食品サンプルならではの楽しさを伝えたいという想いで発信しています。食品サンプルは食べ物の形をしているので置き方、見せ方によっては、現実にはありえないシュールさやユニークな光景になります。私たちとっては、日頃見慣れてしまっている部分もあるのですが、一般の方にすごく感動していただきびっくりした!ということもよくあります」

コロナ禍で一時は売り上げ4割減

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル