top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】“清宮流"武藤殺法で船木をメイン撃破 N-1・2連勝で星取り五分に

プロレス/格闘技DX

×

【NOAH】“清宮流"武藤殺法で船木をメイン撃破 N-1・2連勝で星取り五分に

『N-1 VICTORY 2022』後楽園ホール(2022年8月19日)
Bブロック公式戦 ○清宮海斗vs船木誠勝×

 N-1後楽園2連戦の初日メインを飾ったBブロック公式戦で清宮が船木を“自己流”に改造した武藤殺法で撃破。2連敗からの2連勝で星取りを五分に戻した。

 船木2勝1敗、清宮1勝2敗で迎えたシングル初対決。序盤から足4の字固めをガードしたり、ドラゴンスクリューを潰して張り手を叩き込んだり…と、船木が清宮が継承した“武藤殺法”をことごとく封じていく展開となった。

 逆に強烈な掌打や巧みな関節技で一気に勝負を決めにかかったものの、清宮も瀬戸際で踏ん張り続ける。ならばと泥臭くジャーマンで投げ捨てて反撃に出た清宮は、終盤の読み合いでようやくドラゴンスクリュー発射に成功すると、立て続けにシャイニング・ウィザードをズバリ。続けて後頭部シャイニングも見舞う。

 さらに船木が屈さぬとみるや、首相撲からのショートレンジ式シャイニングを披露。船木がグラついたところをニーリフト式のシャイニングを叩き込み、勢いそのまま3カウントを奪ってみせた。

 試合後は握手で最敬礼。武藤とは同世代の船木から、激励の張り手も受けた清宮は「ものすごい緊張感でした。こんなにも殺ばつとしたリングで、正面から向き合ってくださった船木さん、ありがとうございました。N-1、2敗してて崖っぷちかもしれない。それでも僕はやっぱり後ろは見たくない。N-1の頂上にみんなで行きたいです!」と叫んで後楽園大会を締めくくった。

 武藤殺法を“自己流”にアレンジしての船木撃破。
「自分としても変化をつけるしかないなと思って。そのままで行ってたら読まれてたかもしれないし、絶対に何としてもあそこで決めたかったので、変化をつけようかなと思ったんですけど、それもまだ完全に決めきれなくて。本当に自分の甘さというのを感じています」と収穫と課題を口にした。

 ともあれ、これで2連敗からの2連勝。崖っぷちのまま進化を続ける清宮は、あす(20日)の後楽園大会では岡田欣也相手の5戦目に臨む。


【試合後の清宮】

▼清宮「ありがとうございました。いやあ、本当に緊張感が走る中で、船木さんと試合をして。船木さんが真っ正面から向かい合ってくださったので、こういう本当に荒削りで、自分としても本当にまだまだだなと思うところもあるんですけど、なんとか次に希望をつなげることができました。ありがとうございます」

――最後のシャイニングウィザードは武藤選手とは違うパターンの形になったが?

▼清宮「あの中で自分としても変化をつけるしかないなと思って。そのままで行ってたら読まれてたかもしれないし、絶対に何としてもあそこで決めたかったので、変化をつけようかなと思ったんですけど、それもまだ完全に決めきれなくて。本当に自分の甘さというのを感じています」

――崖っぷちという言葉もあったが、N-1後半戦に向けては?

▼清宮「明日も後楽園ホールがありますし、下を向いている暇もなければ、くよくよしている暇もないので。見るところは1つで。頂上だけ見て、本当に上を見てやっていきます」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル