top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ちむどんどん』“兄妹漫才”をする賢秀と良子に反響 「重子さんのツッコミが絶妙」

Real Sound

×
『ちむどんどん』写真提供=NHK

 8月9日に放送された『ちむどんどん』(NHK総合)第87話では、良子(川口春奈)が重子(鈴木保奈美)に暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の結婚を認めてもらおうと、青柳家を訪問するところから始まった。

参考:『ちむどんどん』第88話、重子(鈴木保奈美)が暢子(黒島結菜)の料理に驚く

 青柳家まで来たものの、呼び鈴を押す勇気が出ない良子。もたもたしているうちに賢秀(竜星涼)がやって来て、玄関先でもめていたところ、家政婦の波子(円城寺あや)が家に入ることを許し、「その代わり、私が帰ってくださいと言ったら帰ると約束していただけますね?」と、2人に同意させる。視聴者からは「波子さんが指揮権を握っている!」「波子さんは、やはり只者ではないな」といった声が。

 重子のいる応接間に入ってからも、賢秀はオルゴールを壊すし、重子をおばさん呼ばわりする始末。そんな賢秀に良子はイライラし通しで、つい大声まで出してしまい、重子から「人の家に来て、いきなり兄妹ゲンカしないでいただけます?」と、うんざりされる。SNSには「今日はニーニーとネーネーの兄妹漫才の回だった」「重子さんのツッコミが絶妙で面白かった!」というコメントが見られ、ストーリーよりもキャストたちの演技を絶賛する視聴者が多かった模様。

 良子も賢秀も、暢子を「大事な妹」だと思えばこその行動なのだが、やり方が普通ではな
いため、これが重子にどのように響いたのか、今後の展開が気になるところだ。(清水久美子)

TOPICS

ジャンル