top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『&AUDITION』シグナルソングがバイラル首位に 夢に立ち向かう姿が反映された希望の一曲

Real Sound

&AUDITION「The Final Countdown」

参照:https://charts.spotify.com/charts/view/viral-jp-daily/2022-07-27

 Spotifyの「Daily Viral Songs(Japan)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Weekly Top Songs」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたランキング。同チャートの7月27日付のTOP10は以下の通り。

1位:&AUDITION「The Final Countdown」
2位:XG「MASCARA」
3位:多部大「You」
4位:Steve Lacy「Bad Habit」
5位:さユり「花の塔」
6位:水曜日のカンパネラ「エジソン」
7位:NAYEON「POP!」
8位:Yung Gravy「Betty (Get Money)」
9位:Rosa Linn「SNAP」
10位:FAKE TYPE.「FAKE LAND」

 夏真っ盛り、7月最終週のSpotifyバイラルチャート。多種多様な楽曲が顔を揃えるチャートを詳しく見ていこう。

(関連:LE SSERAFIM KAZUHA、NCT SHOTARO、ENHYPEN NI-KI……日本人メンバーのチッケムはなぜ再生される? 専門家に聞いた

広告の後にも続きます

 ヨーロッパ各国を代表するアーティストが競い合う「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」といえば、昨年優勝したMåneskinが世界的な活躍を見せたことが記憶に新しい。本コンテストから、今年のアルメニア代表 ローザ・リン(Rosa Linn)の「SNAP」がTikTokでの人気拡大を追い風に徐々に順位を上げ、9位にランクイン。トップ3に目を向けると、初登場24位からトップ3に食い込んできたのは、現在24歳のシンガーソングライター 多部大による「You」。公開から1カ月経ったMVの再生回数は60万回を超えるなど、Spotifyにとどまらず、多くのリスナーを獲得していることがわかる。そして、初登場以降2位をキープし、首位を射程圏内に収めているのが、全員日本国籍のガールズグループ XGの「MASCARA」。日本や韓国だけでなくインドネシアやベトナム、フィリピンなどアジア諸国、メキシコやチリ、ペルーなどの南米諸国のSpotifyバイラルチャートにもランクインしており、ワールドワイドにXG旋風が巻き起こっているようだ。

 このような激戦のチャートを制したのは、&AUDITION「The Final Countdown」。「HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト」によるグローバルボーイグループオーディション番組『&AUDITION – The Howling -』(日本テレビ系、Hulu)のシグナルソング(=テーマ曲)としてリリースされたのが、「The Final Countdown」である。すでにデビューの決まっている4人と11人の練習生が参加するこのオーディション。もちろんシグナルソングに位置づけられる同曲のパフォーマンスも審査の一部だ。

 楽曲はというと、参加メンバーのフレッシュな魅力が垣間見えるものに仕上がっている。楽曲や歌詞を読み解いていくと、オーディションにかける想いや直面する悩みと苦悩、そして掴み取りたい明るい未来が反映されていることがわかる。トラックは、メロウで内省的な雰囲気の導入から、徐々にビートも速くなりエネルギッシュで生き生きした展開に。全体を通してドラマチックに繰り広げられる楽曲の緩急豊かな構成は、まるでオーディションを通して垣間見える人間模様のようにも感じられる。歌詞に目を向けてみても〈幼い声は届かない Yeah, yeah/一人で群れを探していた〉と、ひとりでくすぶっていたところから〈食らいつく夢を/荒くても関係ない/ガムシャラ Running wild〉のように夢を見出し、一心不乱に立ち向かう姿が見えてくる。そして〈君とFinal countdown/運命変えていく Now/限界超えてHowl out /一人じゃない Follow our dream yeah〉と一人称で語られていた言葉が「君」を含んだ二人称になり、夢に対してひとりで立ち向かうのではなく、仲間やファンとともに夢を掴み取ることへの希望が綴られている。

 「The Final Countdown」は、これからオーディションの審査が進むにつれて変わりゆくであろう15人の最もフレッシュな瞬間を切り取っているという意味で、唯一無二の作品だろう。これから大きく羽ばたいていく彼らの一度しかないスタートに立ち会えるのは、今しかない。(Z11)

TOPICS

ジャンル