top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トランス脂肪酸は「不自然な油脂」!身体に悪い摂ったらヤバい油である理由とは!?【脂質の話】

ラブすぽ

×

トランス脂肪酸は「不自然な油脂」!身体に悪い摂ったらヤバい油である理由とは!?【脂質の話】

トランス脂肪酸は「不自然な油脂」

不飽和脂肪酸の一種で「トランス脂肪酸」というものをご存知でしょうか? 食の安全性に関心のある方なら、一度くらいはこの名を見聞きしたことがあるかと思いますが、今この「トランス脂肪酸」の危険性が注目されています。

そもそも不飽和脂肪酸には「シス型」と「トランス型」の二種類があり、前者は天然の油、後者は何らかの加工が加えられた人工油脂に多いといわれています。

この「何らかの加工」というのが問題で、多くの場合、常温では液体の植物油脂を化学処理によって固体化、さらに酸化しにくい(消費期限が長い)性質に変化させることを指します。その過程で多量のトランス脂肪酸が発生するわけです。

こうして人工的に作られたトランス脂肪酸をたっぷり含む油脂の代表格がマーガリンやショートニング(製菓・調理用油脂)です。

パンやケーキ、クッキーなどの焼き菓子、油で揚げたスナック菓子などを作る際には欠かせないものなので、普段から食事に気を遣っている人でも無自覚のうちに食べてしまっている可能性があります。

広告の後にも続きます

摂取したトランス脂肪酸は主に心臓に蓄積され、心臓病や糖尿病などのリスクを高めるといわれています。すでに米国では食品への使用が全面禁止となっており、日本でもその危険性を注視しておくべきです。

ダイエットや健康・美容にくわしくなりたい!「脂質の話」はこんな人におすすめ!


・健康な体をつくりたい!保ちたい!
・美しい肌になりたい
・良質な油がなにかわからない
・毎日の食事で何をとったらよいかわからない・・・・。

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 脂質の話』を手に取っていただけたらと思います。

従来は高カロリーの代表として敬遠されてきた油ですが、最近では糖質制限の普及もあり、良質な油の種類や使い方に注目が集まっています。本書ではそんな脂質の働きから、ダイエットへの活用法まで、すぐに使える実用的な情報を幅広くご紹介!

シリーズ累計220万部を突破した「図解シリーズ」の読みやすさ

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル