top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

歌唱力に自信のある若者がカラオケで徳永英明を歌いがちなワケ

女性自身

歌唱力に自信のある若者がカラオケで徳永英明を歌いがちなワケ

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代を捧げるほどハマった歌手の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、’80年代を振り返ってみましょうーー。

 

徳永英明は’86年に『レイニーブルー』でデビュー。4枚目のシングル 『輝きながら…』(’87年)が、南野陽子の出演するフジカラーのCMソングに抜擢されたことで知名度を上げた。

 

「南野さんのキラキラ感と徳永さんの透明な歌声が印象的でした。その後、徳永さんが歌番組に登場したとき、彼自身の初々しさに驚いた人も多かった。デビュー直後から、一部では知られていた彼ですが、あの澄み渡る高音を広く知らしめたのは、やはり『輝きながら…』だったと思います」

広告の後にも続きます

 

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん。情報源の中心がテレビだった’80年代、CMが与える影響は非常に大きく、お菓子や化粧品のメーカーはこぞって、当時の人気アイドルを登場させた。

 

そのCMの重要なインパクトとなるのが、CMソングだ。

 

「とくに徳永さんは『風のエオリア』(’88年)がエアコンのCMに採用されるなど、数秒で視聴者を別世界へと導く、すがすがしいメロディの達人といえます」(牛窪さん・以下同)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル