これが次期型エボ11?予想CGを入手

制作したのはデザイナーのRain Prisk氏。

次期型の開発が期待されている三菱のスポーツセダン、「ランサーエボリューション」の最新予想CGを入手しました。

予想CGの車両は、近年の三菱車に積極的に採用されているフロントデザイン「ダイナミックシールド」を備え、クーペのようなルーフライン、新設計の大型リアウィングがスポーティな雰囲気を演出しています。

ボディは2015年に生産終了した「ランサーエボリューション X」よりも長く低いシルエットをしており、スバル「WRX STI」を大型化させたようなスタイル。

細くシャープなLEDヘッドライト、大きなインタークーラーを露出させた黒いグリルを装備、ボンネットには2つのエアエクストラクターを備えています。さらにヘッドライト横にエアインテークを追加することで冷却性能が高められているようです。

再び!日産新型フェアレディZ「400Z」上位グレードの内外装がリーク

(広告の後にも続きます)

プラットフォームは次期型メガーヌRSと共有か

メガーヌR.S. トロフィーS(2021年)
メガーヌR.S. トロフィーS(2021年)

もし次期型が登場する場合、プラットフォームにはルノー・日産・三菱アライアンスによって開発される「CMF-C/D F4」を採用し、「次期型メガーヌRS」とコンポーネントを共有する可能性があります。

パワートレインは、最高出力341PS、最大トルク433N・mを発生するする2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+48マイルドハイブリッドシステムなどが期待されます。

三菱GTO復活新型「4000GT」が登場か!デザイン予想CGを入手