カーリコールは、自動車メーカーが設計・製造したあとに、何らかの理由で故障や不具合が発生し、無料でその個所の修理や交換を行う制度です。

この制度があるから、ユーザーは安心して車に乗れるということにもなります。中には、非常に重大な事故などに繋がってしまう事柄もあります。

ここでは、最近発生したリコールの中でも注目してほしいものを情報共有できるように解説していきます。

■①スバルのリコール


 

引用:https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001389244.pdf

リコール届け出内容

・届出者の氏名又は名称:株式会社SUBARU

・不具合の部位(部品名):制動装置(電動ブレーキブースタ)

・基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因。

電動ブレーキブースタパーツ部分にて、内部構成部品である回転角センサのマグネットのモータシャフトへの組付け位置が不適切なため、イグニッションオンにした際などに、ブレーキペダルのストローク値をソフトウエアが誤認識する状態になる場合がある。バッテリが上がったり、クルーズコントロールがセットできずブレーキランプが点灯し続けたり、又は警告灯が点灯してブレーキペダル踏力が重くなる可能性がある。

・改善措置の内容

全車両、電動ブレーキブースタユニットのシリアル番号を確認し、該当するものは、電動ブレーキブースタユニットを良品に交換作業する。

レヴォーグにて発生しているリコールです。製作期間全体の範囲は、令和2年11月2日 ~ 令和3年2月5日で12,094台が対象になっています。現時点で45件の不具合件数があがっていて、さらに物損事故も1件出ています。

非常に重要なパーツでのリコール申請となっていますので、お乗りになられている方は早めに点検や対策をしてもらうのが良いといえます。

(広告の後にも続きます)

■②メルセデス・ベンツのリコール

引用:https://www.mlit.go.jp/common/001393339.pdf

リコール届け出内容

・届出者の氏名又は名称:メルセデス・ベンツ日本株式会社

・不具合の部位(部品名):電気装置(48Vバッテリ管理システム)

・基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

①48Vスタータオルタネータを搭載した48Vバッテリ管理システムに関して、制御プログラムが不適切状態のため、他のシステムとの同期不良が発生する可能性がある。エンジンの始動遅れや、エンジン警告灯が表示されず一時的にエンジンが始動しない、又はエンジンが始動してもエンジン警告灯が点灯したままになる可能性がある。

②48Vスタータオルタネータを搭載した48Vバッテリ管理システムで、制御プログラムが不適切なため、48Vバッテリの内部スイッチが入らずに電源供給が開始されない場合がある。そのため48Vシステムが起動せず、エンジン警告灯が点灯してエンジンが始動しなくなる可能性がある。

・改善措置の内容

①&②全車両、48Vバッテリ管理システムの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

メルセデスベンツモデルの51型式(31車種)という非常に多い車種でリコールが出ています。輸入期間全体の範囲は、平成29年11月3日~令和3年2月8日となっていて、①と②合計で計28,361台が対象です。

不具合件数が①で9件、②で14件となっています。事故の発生はないのですが、エンジン始動不良やインジケーター内の警告灯が点灯したままとなります。こちらも早めに点検してもらうことが望ましいでしょう。何より多くの車種で発生していますので、今後リコールが発生する際にも、同じ型式の場合は対象型式が増える可能性もありますね。