日本百名山のひとつ、霧ヶ峰の主峰「車山」の山頂に、八ヶ岳や富士山、南アルプスを一望する展望テラス「SKY TERRACE(スカイテラス)」がオープンしています。車いすの人もアクセスでき、すべての人が楽しめる「ユニバーサルツーリズム」に対応したスポットとしても話題を集めています。

車山高原、白樺湖周辺は、日帰り温泉施設も充実しており、車山を一望する露天風呂も楽しめますよ。

日本有数の展望スポット、車山高原

標高1,950mの車山は、夏には咲き誇るニッコウキスゲの群落や、山頂の360度の大パノラマの眺望などを楽しめる日本有数の展望スポット。

八ヶ岳連峰はもちろん、富士山や中央アルプス、北アルプスなど、数々の明峰を一望できるほか、冬にはスキー、スノーボードなど年間を通して楽しめる高原リゾートです。

車山山頂までは、2本の4人乗りの車山展望リフトを乗り継ぎ、約15分で到着します。

スキーシーズンだけでなく、リフトからは白樺湖・蓼科山を一望でき、爽快な高原の空中散歩を楽しめますよ。

写真:車山展望リフトで山頂へ!

(広告の後にも続きます)

山頂からのパノラマ展望を楽しめる「スカイテラス」

写真:斜面からせり出すように設置されたスカイテラス



2020年12月に車山の山頂に建設された木製の展望テラスは、幅30メートル、奥行き10メートル。約300平方メートルと広々とした造りです。

テラスのある車山の山頂の南斜面は八ヶ岳や富士山、南アルプスを見渡す絶好のロケーション。斜面から突き出すように設置されたテラスから、開放感あふれる眺望を楽しめますよ。

上下2段構造で腰掛けられるようになっているので、テラスに腰かけて山頂からの景観を眺めながらゆっくりと過ごせそうです。

また、周辺には気象レーダーや車山神社もあり、山頂付近を散策するのもおすすめです。

グリーンシーズンだけでなくウィンターシーズンもリフトの運行期間中ならスカイテラスに行くことが可能です。冬でも行くことができるので、季節ごとに違った景観を楽しめそうですね!

そして時期や時間によっては、山頂からの見事な雲海を見ることができます。雲海を見るには日曜日など特定日の早朝に運行している「車山高原サンライズ雲海リフト」がおすすめ。

リフトの運航日・時間は車山高原サンライズ雲海リフトの公式URLで確認してくださいね。

写真:スカイテラスのそばにある気象レーダーと雲海

●ユニバーサルツーリズムにも対応

写真:ユニバーサルツーリズムに対応!車いす移動が可能



現在、高齢者や障がいの有無にかかわらず、誰もが楽しめる旅行の在り方として「ユニバーサルツーリズム」が注目されています。

「スカイテラス」は車いすの人や、高齢者も気兼ねなく自然体験ができる施設として設計されました。バリアフリー設計で、広いスペースを快適に動くことができます。テラスまでは、まず車いすから降りてリフトに乗車し、リフトから降りたからアウトドア用車いすを利用できるようになっています。

また、駅から山頂までの通路の横に車いす用の通路も、来年度整備される予定とのこと。

車いす利用の場合はリフトの予約が必要なので、下記の「車山高原SKYPARKスキー場」サイトから問い合わせくださいね。