内外装がよりエレガントに進化

レクサスは2020年4月19日、上海モーターショー2021にて新型ESを世界初公開しました。

レクサス ESは2018年10月より日本での発売を開始したミドルクラスセダンで、 新型ESでは安全性や乗り心地の向上のほか、エクステリアやインテリアなどに改良が加えられています。

(広告の後にも続きます)

洗練された顔つきに進化

今回公開された新型ESは、フロントグリルやヘッドランプ、ホイールなどの意匠がより洗練されたデザインへ変更されました。

フロントグリルはメッシュパターンに変更を受け、横方向への流れを強調。これまでよりもグリルの迫力が増しています。

ヘッドランプは単眼タイプと3眼タイプの2種類から選択可能となっており、単眼タイプには超小型ユニットを採用。3眼タイプにはRXやLSでも採用されている、ハイビームの照射範囲を自動をコントロールするブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)が採用されました。

そのほか、17インチホイールのデザインもスポーティなものへ意匠変更が行われています。F SPORT専用の19インチホイールはフロントグリルとあわせて光沢のある黒に塗装され、 ブレーキキャリパーにはレクサスのロゴ入りでオレンジの塗装色を選択できるように。

レクサス新型NXの商標登録でグレード判明!純ガソリン廃止&PHV設定か