新EVシリーズ「bZ(ビーズィー)」が登場

トヨタ bZ4X コンセプト

2021年4月19日、トヨタは上海モーターショーで新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、その第1弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露しました。

車名の「bZ」は「beyond Zero(ビヨンドゼロ)」の略で、単なるゼロ・エミッションを超えた価値を提供したいという意味が込められているとのことです。

トヨタ次期新型ランドクルーザー300系の最新リーク情報すべて

(広告の後にも続きます)

スバルと共同開発の「bZ4X コンセプト」

今回、bZシリーズ第1弾として発表された「bZ4X コンセプト」は、トヨタとスバルの共同開発によって誕生した電動SUVです。

EV専用のe-TNGAプラットフォームを採用しており、トヨタの電動化技術とスバルの4WD技術を融合させることで快適性と走行性能を両立させているとのこと。

また、このプラットフォームを使用したことで、オーバーハング(横から見たときにタイヤよりも外側の部分)を短く、ホイールベースを長くし、特徴的なスタイリングとDセグメントセダン並みの室内空間を実現しています。

内装は、ハンドル操作時に持ち換えが不要だという異形ステアリングホイールや、その上部に配置されたメーターパネル、低めに設置されたインストルメントパネルなどにより広々とした空間を演出しています。

また、これによって視界もよくなり、運転をより安全・快適にする狙いがあるようです。

ブレーキ時の回生エネルギーに加え、停車中も充電できる太陽光充電システムを採用。冬場などでも航続距離を確保できるようです。細かいスペックは今回の発表に含まれていませんでした。

ホンダ次期新型CR-Vのテスト車両を目撃!発売は2022年後半に?