▶▶「お参り」に関する記事一覧はこちら!


作法は大事!まずは参拝

おみくじは元来、吉凶の運勢を占うものではなく、神さま・仏さまからメッセージ(お告げ)をいただく方法のひとつです。
そのため、神社仏閣に着いたらまず、お告げをいただく神仏がおまつりされているところで参拝をします。

(広告の後にも続きます)

引く時は「気持ちを集中する」べし!

心を込めて参拝をしたら、いよいよおみくじです。

おみくじを引く時、もっとも重要なのは自分の状況や課題、悩んでいることを心に浮かべて気持ちを集中すること。例えば「どうしたら良縁に恵まれますか」「転職するべきでしょうか」「試験に合格するには、どうしたらよいでしょうか」など、具体的に心の中で唱えながらおみくじを引きます。
悩みや迷いを明確にすることで、おみくじに記してあるお告げがより現実的に読み解けるようになるからです。

<平野先生のワンポイントアドバイス>
おみくじを引くための神社仏閣の選び方
「自分が心地いいと感じた神社仏閣でおみくじを引くのがベスト。恋愛や仕事、お金など悩みによってご利益のある神社仏閣に参るのも手ですが、インターネット検索してピンときた神社仏閣でおみくじをいただくのもよいと思います。自分の感性に反応したところが、ご縁のある神さま・仏さまです」