▶▶「表参道」の記事をもっとみる!

セレブ気分を味わえる!?豪華な店内にうっとり…

東京・表参道駅から徒歩2分のところにある「VIVEL PATISSERIE TOKYO」。

「VIVEL」は1992年にUAE(アラブ首長国連邦)・ドバイで誕生した高級菓子店です。王族の結婚式やパーティーに頻繁に使用され、現在UAE国内の7つ星ホテルにも採用されているんだとか…!

“中東のお茶文化を日本でも体験する場をつくりたい”という想いのもと、ドバイの「VIVEL」と数年に渡る交渉の末、2020年ついに日本に初上陸しました。

まず店内に入ると、異国を感じる豪華な内装にうっとり。華やかなエメラルドグリーンの壁紙や大理石のテーブル、椅子は、本場ドバイのショップと同じインテリアを取り寄せたそう!

(広告の後にも続きます)

日本では出会えない!ドバイならではのお菓子の数々

さっそくショーケースをチェック!
中東の家庭や地域で受け継がれてきた伝統的な「焼菓子」(写真手前)や「デーツ」(写真奧)など、日本で見たことがない形のお菓子がずらりと並びます。

「デーツ」はサウジアラビア産のSAQAIという貴重な種類のデーツ(ナツメヤシの実)をドライにし、さまざまなナッツやフルーツピールをサンドしたお茶にぴったりのお菓子です。

中東らしい華やかなデザインのケーキも豊富。ドバイの「VIVEL」では生菓子は販売しておらず、「VIVEL」のケーキが食べられるのは、実は日本だけなんです。これはぜひ食べてみたい…!

お店で取り扱っている商品のうち、ケーキ以外はすべてドバイから空輸で届けられているので、日本にいながら本場の味を楽しむことができるんです!