▶▶「京都府 桜」の記事一覧はこちらから!

まずは、アルコール除菌アート『NAKED 花つくばい』でお出迎え

手を清める行為もアートに!東大手門では、手を差し入れると消毒用のアルコールが吹きかけられ、音楽とともに桜のプロジェクションが手元に現れる作品『NAKED花つくばい』が体験できます!また、地面が桜の模様で照らされる『ディスタンス提灯TM』配布も(数量限定)。灯籠を持って城内を回遊、光の輪でソーシャルディスタンスを保ちながら、自身も光の演出に加わります。

(広告の後にも続きます)

写真とのコラボや参加型の作品など、話題のア―トを堪能

まずお出迎えの作品、アーティストの村松亮太郎氏と写真家レスリー・キー氏によるコラボレーション『NAKED BIG BOOK』を鑑賞。レスリー・キー氏が切り取った写真に封じ込められたパワーを、村松亮太郎氏が「動的」に表現した作品で、新しい写真のアートを表現しています。

村松亮太郎氏とNAKEDによる作品『Breath / Bless Project』も、大きな見所のひとつ。華道の家元・池坊とコラボレーションしたバージョンで、『Dandelion』にスマートフォンをかざすと、たんぽぽの綿毛が舞う作品。二条城で生まれた花はネットワークを介して同時開催中の東京タワーでの展示場に花を咲かせます。平和への祈りがアートとなって京都と東京をつなぐ、新しいアートです。