“ごはんが主役”の「象印銀白弁当」がエキマルシェ新大阪Sotoeにオープン

3月16日に、JR新大阪駅3階 東改札外の新エリアに駅ナカの商業施設「エキマルシェ新大阪駅Sotoe(ソトエ)」が開業します。

開業に合わせて、高級炊飯ジャー「炎舞炊き」などを手掛ける、「おいしいごはんを届ける」ことをモットーとする、象印マホービンが”ごはんが主役”の”お弁当専門店「象印銀白弁当」をオープン。

象印マホービンが運営するお店としては、なんばスカイオ6階にある、「象印食堂」に次いで、2店舗目となります。

販売するお弁当は5種類

販売するお弁当は5種類(880~1780円税込)で、主役のごはんを引き立たせ、ごはんがすすむおかずにもこだわっています。一部のお弁当では自治体とコラボレーションするなど、和をベースに旬の食材を取り入れます。

オープンと同時に、『美味しいご当地食材を発掘!「地のもん」弁当』企画がスタートし、第一弾は兵庫県明石市の“明石だこ”、“明石鯛”、“明石のり”を使ったお弁当が登場します!

店舗で炊き上げる「ごはんへのこだわり」

白米は、五ツ星お米マイスター・金子真人さんが厳選したオリジナルブレンド米を使用。冷めてもおいしくお弁当に合うように、岩手県産「銀河のしずく」と佐賀県産「こしひかり(棚田米)」をこだわりのブレンドで提供しています。

店舗内に併設された厨房の圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」でおいしさを最大限引き出して炊き上げます。店舗おすすめの「銀白ごはん」(「白米ふつう」で炊飯」)に加え、食感の違う白米ごはん(もちもち・しゃっきり)や「健康応援ごはん」(玄米、もち麦等)の中の計3種類からお好みのごはんが選べます。

(広告の後にも続きます)

るるぶキッチン×象印マホービンの「地のもん」弁当

今回、るるぶキッチンと、「おいしいごはんを届ける」ことをモットーとする象印マホービンが、“全国各地の持つ食文化のすばらしさをもっと多くの人に伝えたい”と意気投合。

日本全国で、各地域の風土から生まれた「地のもん」があり、それぞれ食文化が根付いています。そんな中、“ごはんが主役”のお弁当のおかずとして、ごはんがすすむオススメの「地のもん」を厳選した、「地のもん」弁当をスタートします。

るるぶキッチンって?

るるぶキッチンは、地域の食の魅力に精通した旅行情報誌「るるぶ」編集者が見つけた旅グルメ楽しめる、JTBパブリッシングが直営する飲食店です。