タイヤロックをつけたまま盗難された

2021年3月1日、愛知県でレクサス LXが盗難に遭う事件が発生しました。

このニュースで衝撃的なのは、盗難されたLXがハンドルロックとタイヤロックを装着していたということです。

監視カメラの映像では、犯人は犯行に及ぶ際、バンパー付近で工具のようなものを使用し、ドアを解錠。運転席に乗り込んでハンドル付近をライトで照らし、何らかの作業をしています。その際、火花も散っていました。

再度バンパー付近を確認した後、犯人は車に乗り込み、さらに10分ほど作業をし、タイヤロックをつけたまま逃げ去っています。

(広告の後にも続きます)

原因は車の強力なパワー

タイヤロックの例
今回盗難に遭ったのは画像の形状に似たタイヤロックを装着していた
©xiaosan /stock.adobe.com

今回被害に遭った男性によると、「パワーがある車なので、付けたまま(ホイールが)回転してそのまま(タイヤロックが)外れて転がっていったっていう感じなので意味がなかった」とのことです。

つまり、LXやトヨタ ランドクルーザーといった車両では、タイヤロックが意味をなさない場合があるということです。

レクサス LX 570のホイール
参考:レクサス LX 570のホイール

もちろんタイヤロックをつけることが全くの無意味ということではありませんが、今回のような事例も起こりうることを念頭に置いたほうがいいでしょう。