平成29年(2017年)以降に普通免許を取得した場合

先に述べた通り、2017年3月12日の運転免許制度改正によって、普通免許で乗れる車は車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満となりました。この運転免許制度改正によって、改正後に取得した普通免許で運転できる車の範囲は狭まりました。

ダイハツ ハイゼットトラックなどの軽トラックや、いすゞ エルフ1.5トンクラスなどを運転できます。

改正後に普通免許を取得した場合、普通免許では運転できない車を運転した場合には無免許運転となってしまうので注意しましょう。

(広告の後にも続きます)

準中型免許と普通免許の違いと貨物車積載量の関係

免許別最大積載量と車両総重量一覧表

免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員数
8トン限定中型免許
(H19年6月以前取得の普通免許)
8トン未満 5トン未満 10人以下
準中型免許 7.5トン未満 4.5トン未満 10人以下
5トン限定準中型免許
(H29年3月以前取得の普通免許)
5トン未満 3トン未満 10人以下
普通免許
(H29年3月以降取得)
3.5トン未満 2トン未満 10人以下

トラックなどの貨物運搬の車には、車種ごとに貨物積載量の限度が定められています。この制限を「最大積載量」と呼びます。

車両総重量は「車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量」の式で求められます。普通免許・準中型免許とも乗車定員は10人までですが、乗車人数が多い場合は自ずと貨物積載量が減ってしまうことに注意しましょう。

運転免許証取得の費用って全部でいくらかかる?

運転免許(普通免許)の取得費用総まとめ!教習所・合宿免許の相場から安くする方法まで

運転免許証に隠された意外と知らないこととは?

運転免許証で学科試験の点数がバレる?意外と知らない免許証の見方

運転免許証の更新に覚えておきたいこと徹底解説!

【運転免許証の更新マニュアル】いつ?どこで?何が必要?早く済ませる方法は?|運転免許Q&A