【2017年3月12日】運転免許制度改正

輸送トラック
©xiaosan/stock.adobe.com

2017年3月12日に運転免許制度が改正されました。この運転免許制度の改正によって、これまでは普通・中型・大型の3つに分けられていた区分が、普通・準中型・中型・大型の4つになりました。

また、細かな部分では2017年3月12日以前に運転免許を取得していた人向けとして、準中型免許(5トンに限る)、中型免許(8トンに限る)という区分もあります。

運転免許の取り方とは?取得までのステップをわかりやすく解説!

(広告の後にも続きます)

普通免許で運転できるトラックの積載量は?

運転免許制度改正によって、普通免許で乗れる車は車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満となりました。この条件で乗れるトラックは近距離配送用の軽トラックや、他にはライトバン、ワゴン車などを運転することできます。

ただし、運転免許制度改正以前に普通免許を取得していた場合には、その取得時期によって運転できる車の条件は少し変わってきます。なお、トラックの車両総重量はGVW(Gross Vehicle Weight)の通称で表され、以下の記事中でも一部この呼称を用いて執筆しています。

全部知ってる?普通運転免許証で乗れる車の種類とは?