在来種を守り続ける福井の香り豊かな「そば」

在来種とは、特定の地域で昔から種を採り栽培され続けるそばのこと。作付面積&収穫量ともに全国上位で在来種を栽培している福井県のそばは、改良品種に比べて希少で深みのある風味とコシの強さが特徴です。在来種は熟成度にばらつきが出るため、収穫期に差が出て育成効率が悪い一方、その土地ごとに違った味わいが楽しめます。

今回ご紹介する「きょうや」では、福井県の丸岡町で収穫された在来種のそば粉を使用。丸岡産のそば粉は、そばの実が小粒ながら、実が詰まっていて香り高いのが特徴です。ここで食べて欲しいのが福井名物「おろしそば」680円。大根の辛味を楽しみたい人は「しぼり」を、辛さ控えめがお好みの人は「みぞれ」をお試しください。

「きょうや」のそばは、ボリューム控えめなので、女性でも2杯は軽く食べられます。せっかくなら2種類のそばを食べ比べてください。おろしそばでそばのコシを味わったあとに、出汁が効いた温かい「かけそば」710円を食べると、冷やしそばとは異なる食感が楽しめます。昼も夜もそばがなくなり次第営業終了。開店前から行列ができるほどの人気店です。

■石うす挽き手うちそば処 きょうや
住所:福井県福井市和田中2丁目936-2
TEL:0776-25-1662
営業時間:11~15時、17~20時
休み:火曜、月曜夜

(広告の後にも続きます)

豆腐の厚みとカリっとした皮がたまらない「油揚げ」

「ウスヤ食品」の「厚あげ」300gで192円。福井県随一の分厚さ

福井県の人が大好きな油揚げ。1世帯あたりの「油揚げ・がんもどき」購入額で福井市が60年近く日本一に輝くなど、もはや県民食と言って過言ではありません。油揚げ好きが高じ、「あげフェス」なるイベントが毎年11月半ばに福井市内で開催され、揚げたての油揚げが販売されるそうです。

この油揚げ、煮物やみそ汁だけでなく、ステーキや炒め物など、メインディッシュにもなるため、昔から重宝されてきましたが、大根おろしを添えて、しょうゆをかけて食べる方法が素材のよさを楽しめ人気です。福井の油揚げは分厚い豆腐を揚げた厚揚げタイプ。大豆の風味が生きた豆腐感と、皮の香ばしさを味わってください。県内のスーパーで購入できますよ。