メキシコの様々な街を訪問しましたが、私はこの静かでメキシコ独特の文化を感じられるバジャドリードが一番気に入る街でした。

バジャドリードの周りには数多くの美しいセノーテが点在し、知れば知るほど興味が尽きないマヤ遺跡へのアクセスも簡単です。そんなこともあり、初めて訪れた時から、

「いつか暮らしてみたい。」

と思った街がこのバジャドリードです。

コロナの影響でメキシコで足止めをくらっている最中、せっかくだしここで暮らしてみよう!と2ヶ月だけアパートを借りて暮らし始めました。もしかしたら、もっと長く滞在するかもしれません。

この美しく、歴史が詰まった私が大好きなバジャドリードの魅力を紹介していきます。

目次

マヤ遺跡/ エク・バラム Ek Balam
マヤ遺跡/ チチェンイッツァ Chichen Itza
昔の修道院/ サン・ベルナルディーノ修道院 Convent of San Bernardino of Siena
セノーテ/ サシ Zaci
セノーテ/ サユトゥン Sayutun
バジャドリードの街並みが一番美しいカルサダ・デ・ロス・フライレス Calzada de Los Frailes
アシエンダ・セルバ・マヤ Hacienda Selva Maya
最後に

マヤ遺跡/ エク・バラム Ek Balam

バジャドリードのセントロ(市街地)から、タクシーで15分ほどの場所にあるエク・バラム遺跡。

後述するチチェンイッツァ遺跡と比べるとそこまで有名なマヤ遺跡ではありませんが、ここにある巨大なピラミッドが感動的でした。更に、そこから眺める景色は絶景そのもの。

エクバラム遺跡はマヤ遺跡の中では割と新しい方で細かなディテールがしっかり残っている部分もあり、お仕事をしている人に

「レプリカですか?」と聞いてみたら、

「本物で紀元前のものですよ」とまさかの回答でした。

それほど美しく残っていたため真実か疑うくらいですが、彼らが言うのだから信じておきましょう。笑

数あるマヤ遺跡の中でも巨大な複合建築のアクロポリスは圧巻です。

エク・バラム遺跡

マヤ遺跡/ チチェンイッツァ Chichen Itza

カンクンからツアーで訪れる人が多いメキシコのマヤ遺跡といえば、言わずと知れたチチェンイッツァ遺跡でしょう。メキシコに来てこの遺跡に行かない人はいないんじゃないか!というくらい、とても有名な巨大マヤ遺跡です。

マヤの文化がギュッと詰まった大都市で、天文台や球戯場、更には神様に生きた人を投げ入れて捧げていたとも言われるセノーテなども見ることができます。ゆっくりと遺跡を見たい人は、バジャドリードに宿泊して遺跡に行くのがおすすめです。のんびりと自分のペースで遺跡探索を楽しめます。

チチェンイッツァ遺跡へはバジャドリードの町からコレクティーボ(乗り合いバス)が出ていて、アクセスもとっても簡単です。

チチェンイッツァ遺跡

チチェンイッツァ遺跡の関連記事

メキシコに訪れたらイキル・セノーテに行くのをおすすめ!
圧倒されるマヤ文明の遺跡!メキシコ「チチェン・イッツァ」

昔の修道院/ サン・ベルナルディーノ修道院 Convent of San Bernardino of Siena

バジャドリードの町のはずれにあるサンベルナルディーノ修道院は、今でも教会として地元の人に愛されている場所です。

この記事の一番トップの画像が、このサンベルナルディーノ修道院の外観です。とってもかっこいいと思いませんか!?

1552年に建築が開始され、その建物の美しさは時を超えて今でも大切に残されています。中に入ると小さな博物館やスペインらしいアーチ状の出入り口があり中はピンク一色!

修道院の中庭には、水を汲んでいた場所もあり当時の生活が窺い知れます。

サン・ベルナルディーノ修道院

セノーテ・サシ Zaci

街の中に突然現れる大きなセノーテ・サシ。バジャドリードの中でも、バスやタクシーを使わずに気軽に訪問できるセノーテです。

エントランスで入場料を払って、階段を下りていくと独特の木の燃える香りがして、マヤの格好をした若者がお香を焚いてセレモニーを行っていました。たくさんの観光客が飛び込みをしたり(しかも結構な高さ!)、ライフジャケットをしてプカプカと浮いていたりと、思い思いに楽しんでいました。

駐車場にはお土産屋さんもずらっと並んでいますよ。

セノーテ・サシ

セノーテの関連記事

【セノーテ・ヤクスキン/メキシコ】バーベキューもできて一日楽しめるおすすめローカルセノーテ

セノーテ・サユトゥン Sayutun

私が訪れたのは12月。この時期には光がうまく差し込まず、3月に来るといいよ!と教えてもらいました。

Instagram で一躍有名になったセノーテで、一直線にステージのような場所に光が差し込む様子は本当に神秘的で、一度は見てみたいものです。内部が大きな鍾乳洞になっていて、まさに別世界!という空間が広がっています。

バジャドリードからはタクシーで15分ほどで行くことができます。

セノーテ・サユトゥン

バジャドリードの街並みが一番美しいカルサダ・デ・ロス・フライレス Calzada de Los Frailes

修道院へ行く途中の道のカルサダ・デ・ロス・フライレス の風景はとても美しいので、ここで写真撮影をしている人がたくさんいます。

センスのいいお土産屋さんやレストランやカフェが点在していて、街歩きに疲れたらバーに寄ってビールを飲むことも可能です。ベジタリアンのレストランや、美術館が併設されたクラフトビールのバーもあり私のお気に入りのスポットです。

カルサダ・デ・ロス・フライレス

メキシコの美しいコロニアルタウンの記事

アートと歴史と、伝統が入り混じる必ず訪れたいメキシコ南東部にある2つの街
メキシコシティからすぐの文化色濃く残る街【プエブラ】の魅力を徹底解剖!

アシエンダ・セルバ・マヤ Hacienda Selva Maya

バジャドリードには車で10分もかからずに行ける距離に、いくつかのアシエンダがあります。

アシエンダって何?

『アシエンダ(スペイン語: hacienda、ラテンアメリカ発音: [aˈsjenda])とは、かつてのスペイン領のラティフンディオ(大土地所有)の一形態で、特にメキシコ、中米の一部、アンデス諸国で一般的にみられた伝統的な大農園を指す。』(出典:Wikipedia)

アシエンダには、大きなお屋敷があり、その中に大きなお庭やセノーテがあります。昔の建築は、大きな柱と建物の真ん中に噴水と庭園があり、歴史と優雅な時を感じられる場所でした。

ここで、ランチにビュッフェが食べられて、様々な種類のユカタン伝統の料理がずらりと並べられていました。

カンクンからのチチェンイッツァ遺跡ツアーに含まれているみたいで、バスで来るツアー客が多かったです。人の少ないゆっくりのんびりできる場所を探している私としては、若干残念ポイントでしたが、それ以外は満点です。

アシエンダ・セルバ・マヤ

最後に

今は分かりませんが、私が初めてバジャドリードに訪れた時には旅人のバイブル?とも言える『地球の歩き方』には一切書かれていなくて、ここは知る人ぞ知るという街でした。ガイドブックに載っていない素敵な場所を見つけるのは、なんだか嬉しいものです。

今ではかなり知られるようになってきましたが、地元の人達は親切だし、立ち並ぶスペインのコロニアル時代を感じさせる民家もとても異国感が出ていて、ここでは紹介しきれないほどの愛らしい素敵な場所が沢山あります。

今回は主要な観光スポットを紹介しましたが、観光スポットではない面白い場所なんかも紹介していければいいなと思います!